フローレンス金子の今週の貴方

ブログトップ

<   2005年 06月 ( 18 )   > この月の画像一覧

現在鋭意製作中

d0054762_2326668.jpg

樹脂工作でアドバンスのガワを製作中!
コレがなかなか難しくて失敗ばかりだ。
でも、負けないもんっ!
完成したらUPします。

*こっそり追記:強度の問題やクソ高い材料費に負けて断念…。

ハピマテの件は一悶着あったけどここに書いたのが僕の意見です。
[PR]
by kick_me_baby | 2005-06-30 23:26 | 日々のこと

VIP的な祭は好きだが…

ハピマテ祭…ご存知でない方はこちらをご覧ください。
巷(主に2ちゃん)で話題になっているVIP発の祭だ。
ようは「みんなで力を合わせてアニソンをミュージックチャートの1位に押し上げよう!」というものだ。
友人たちから「お前ももちろん買ってんだろ?」などといわれる。

断言しておこう。
買わねぇよ、バゥカ!
大体いたずらにランキングを操作するべきではない。それはゲームで言うならチートでステータスをあげるような物で、そんなことをして勝ちたいのかと真剣に思う。
ま、チートなしで1位はムリだけど。
そんなに世間のランキングが気になりますかと。
お前らは自分のコレクションの価値を値段でしか決められないヤツらですねと。
それに本当にこの曲が好きで買っているひとに失礼ではないかと。
よしんばこの祭で1位を勝ち取ったところでJ-POPのやつらの感想は「ちくしょー、負けたー!」ではなく「オタクのやつらマジきもいな」だろう。
(世間の分類上)同じオタクとして言わせてもらう、キモい。
世間からの評価を下げて無関係のオタクが暮らしにくくなるようなことはしないでいただきたい。
特に今回みたいな行動は「まったくオタクは…」系のオタク叩きに発展するのは目に見えている。
「どうせ気持ち悪がられてるんだからそんなこと関係ねぇよ」みたいなヌルいこといってんじゃねぇぞと。

…まぁ熱くなってしまったもののそんなに面白い文章ではないな。
チラシのウラにでも書けばよかったかな。
[PR]
by kick_me_baby | 2005-06-29 02:16 | 日々のこと

今週はなんかヤバイ気がする

げんしけん買いますたYO
特装版のほうを。
この特装版、げんしけんらしいおまけがついてまして
なんとプロ作家の描いた同人誌が同梱されております。
そのクォリティたるや末端価格一万はくだらないでしょうな(ただし、同人誌の希少性というポイントは計算に入っていない)
とにかく豪華。
気になったのをざっくり行くと、
うたたね氏→ナイス自虐
久米田氏→これなんてかってに改造?
甘詰氏→さすが浪漫先生だ。アニマルでも衰えないあたりスゴイ。


<ヤバイ理由>
火曜→学校の帰りに行った新宿の(通り道じゃないwww)ゲーセンで小学校時代の同級生に会う。
木曜→カラオケに行くと小学校(前述の人物とは別人)の親友と高校の知り合い(二人は大学で知り合ったらしい)に会う。
再現…入り口にて
金子「…あっ、△△さんじゃない?」
△△(女性)「金子君、久しぶり~ってまだそんな経ってないか。」
金子「そうだね、大体三ヶ月くらいかな。」←細かいヤツきもいね。
○○(男性)「おい△△、それ誰?(←ココで金子はちょっとびびった)
   ……お前金子じゃね?
金子「あああぁぁぁぁ!○○~!」
△△:キョトン、金子の連れもキョトン
金子:△△、○○に状況説明。
○○:△△との熱愛会見。
--ココでトライアングルメアド交換。
--解散、それぞれの部屋へ。
……当方、男4人。
……向こう、カポー。


………泣いてなんかないもん、コレは心の涙だもん。



そして今日、従弟に用があったので従弟の中学(割と離れた学校)へ。
そこで中学時代の恩師に遭遇!



いわゆる死ぬ前に神様がくれる“お世話になった人への挨拶期間”ではないかと。
もうひとり会ったら確実に死ぬんだろうな☆みたいなフリは怖くて出来ませんww
[PR]
by kick_me_baby | 2005-06-26 23:55 | 日々のこと

タイガー&ドラゴン

終わっちまいましたね。
今期の唯一見ていたドラマで、クドカンファン(←韓流スターっぽい)で落語をかじったことのある自分としては久々の大ヒットだたよ。 

来期は面白いドラマはあるでしょうか。
[PR]
by kick_me_baby | 2005-06-25 00:23 | 日々のこと

親指痛ぇー

レポート完了!!(先日とは別の)
舞い戻ってまいりました。

今日は体育でLet's go千葉!
選択種目のテニスで王子様になったりならなかったりの予定だったのに雨が降ったので室内学習になった。
室内学習と言っても10年ほど前の教則ビデオを見るだけで非常に退屈な物だった。
……が、

なにコレ、めっさおもしれー!!!

まずナレーションの声が古い資料映像などでおなじみの感じの声。
そしてこんがり焼けた男子学生たちが超・短パンでコートにズラリというヤマジュン氏なら1話かけそうな光景。
ごく普通のスマッシュを“ウィニングショット”という呼び名で教え、練習風景のシーンではコーチと思われる人物の「ウィニングショット一人10本!」の掛け声の下スマッシュ合戦。
さらにサーブ練習では
ナレーション「サーブの練習時に大切なのは本番のつもりで心を研ぎ澄まして打つことです。」
学生A:スパーン(サーブ成功)

学生B:スパーン(成功)

学生C:スパーン(失敗)
コーチ:「やり直し!」

学生C:スパーン(失敗)
コーチ:「やり直し!」

学生C:スパーン(失敗)
コーチ:「やり直し!」

ナレーション「自分で納得のいく一本が打てるまで日が暮れても、朝が来ても、やめてはいけません」

( ゚Д゚)……!


その後、こんなじゃかわいそうだという先生さんのお慈悲により体育館で卓球をやることに。
根本的な解決にはなっていないような気もするけど、昔取った杵柄とばかりに大ハッスル!

結果………10戦6勝4敗。

…なんだそりゃ。良くも悪くも無い。
「普通のあなたが素敵」か?
でもって最終的には
「あなたって面白みが無いわね」だろ!
[PR]
by kick_me_baby | 2005-06-23 02:18 | 日々のこと

カドゥケウス、ムズスwww

スピードを久々に聞いた。
懐かしさも手伝ってなかなかよかった。
当時はそこまで好きではなかったが、中学生であの歌唱力。たいした物だ。
残念なのはアイドルだったことだ。アイドルは人気が爆発的なものになるかわりに寿命を短くする。アイドルでなければもう少し多くの曲をリリースしたことだろう。
ショックなのはあのときの彼女たちより自分が結構年を食っていることだ。
…ま、しょうがないけどね。


今日学校で休講になった授業があったのでうろついていると迷ってしまい、次の授業の教室のがありそうな方へ歩いていると向こうから人が来る。
まだだいぶ距離はあったが緩いカーブで交わそうとすると向こうの人も同じ方へ来る。
近距離戦にもつれ込んだので急カーブで対処……鏡ですたorz
…しかも女子トイレに用のある人しか通らない場所の。

もうダメやぁー!
[PR]
by kick_me_baby | 2005-06-21 00:45 | 日々のこと

電車男  璧|∀゚)<ミタゾ!

おもしろかった!
キャッチコピーをつけるなら
いっぱい笑ってちょっぴり泣ける
にしたいと思う(それは別の映画…。)

「映画化だろ?どうせ」とか言ってた昨日の自分にSay goodbyeものの面白さですたよ。
第一に再現性が結構高い。毒男住人たちの応援(時にはねたみ)の入れ方がうまい。
それに住人のそれぞれの生活感がでてる。あと電車の部屋がリアル。
特別出演にニヤリとさせられたりとにかく楽しみどころが多い。

問題点も多少あるが、(途中、劇団ひとりに見える件。他には電車のオクテっぷりに見てるほうがドギマギする件。等)払ってみる価値はあったと思いますよ。

すでに誰かが使っている表現だとは思うけど、電車男は古典落語になりつつある…というかもうなっていると思う。表現者によって魅せ方が変わる…映画にしろ、ドラマにしろ、マンガ×3にしてもおなじものはない。
現代文でこんなことが起こるなんて本当に稀なことだ(ひょっとしたらこの先もう無いことかも知れない)。
これは権利関係の甘さの賜物だろう(もちろんもともとの出来が良ければこそだが。)


今日はここいらで。
[PR]
by kick_me_baby | 2005-06-18 22:58 | 日々のこと

カドゥケウスおもすれー!

逆境ナイン(コミックス)買いました!
いやー、初見だったのでインパクトは最大級でしたよ!
熱いよ、熱すぎるよ小沢さーん。
この熱さ尋常じゃない!
まあ、それはさておき6巻(最終巻)にはCD付きバージョンがあり(さておいてない)、まあ当然の流れと言うかなんと言うかでそっちを買ったわけですが…、
出演者豪華すぎっスよ!
サカキバラゴウがなんと池田秀一。
メチャ格好いいっス。
あのホットでクールなセリフの数々があのシブ声で!
狙って入れたと思われるセリフもばっちりキマってgj!

…またパワプロを始めようと思ってみたり。


明日は電車男を見に行く予定。
[PR]
by kick_me_baby | 2005-06-18 01:15 | 日々のこと

萌え文法

萌え文法と言う物がある。
僕が勝手に呼んでいるだけだが。
これは萌えに特化した文法で、非常によくできている。

例えば、
「うん!」と言うのより

「うんっ!」の方が萌え力が高い。

他には
「好きだよ」より

「…好きだよ」の方が間が空くことによってリアルさが増し、息づかいを感じることも出来るだろう。

また
「一緒に食べよ」と言う言葉も

「一緒に食べよ?」と“?”を挿れることでニュアンス的には「一緒に食べたいんだけど、どうかな?」と同意になる。普段キツいことを言う女の子もここでツンデレの称号を得るのだ。

先ほどの告白も
「好きだよ」

「好きだよ?」とすることで片思い中の女の子の“私のこの想い、届くといいな感”が足されるのだ。


……なにが言いたいかっていうとエロゲー大国日本バンザイってことで。
[PR]
by kick_me_baby | 2005-06-13 23:59 | 萌え論

萌えとは何ぞや

共通の認識のないまま広まっていったこの言葉だが、金子解釈で大事な点がひとつある。
それは
「萌えはエロスに非ず」だ。
少し踏み込むと「萌えはエロスを内包する」、「エロスは萌えを内包しない」。
つまり萌えからなるエロスはあれど、エロスからなる萌えはないと言うか…。
そのことを踏まえて萌えを説明すると淡い恋心とでも言えるだろうか?
…ま、感覚的なものだから人によって大きく違うだろうけど。


…と授業中になにやってんだか
[PR]
by kick_me_baby | 2005-06-13 14:21 | 萌え論