フローレンス金子の今週の貴方

ブログトップ

<   2009年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

懐の深いところを見せられた気分。くやしい!

9/22(火)
ずっと実家。
弟の「それでも町は廻っている/石黒正数」を読む。
面白い。たまにちゃんと推理したりする。
紺先輩が同じ作者のマンガに、別人として出まくっててややこしい。

表紙に書いてある通称“それ町”が寒すぎる…。



9/23(水)
昼過ぎに実家発つ。

新幹線で食べるアイスが旨いとの噂を聞き、頂く。
リッチミルク系の味。通常のバニラに比べて“贅沢!”っていう光線が出ている気がする。
ハーゲンダッツではバニラのほうが圧倒的ですが。

帰宅。
咳をしても一人。
実家で持たされたうなぎ食べる。
旨い。ノーベル賞もの。


9/24(木)
翌日に出張が控えているので、早く帰れた。
18時半退社が“早く”ねぇ…。
ずいぶん飼いならされたものである。

この時期、ブームが来ているとか言われていた白いタイヤキが京都にもあるとのことで、買いに走る。
事前に電話確認をして、閉店の20時にギリ間に合った。
3個買ったら、「サービス!」って言ってもう一個くれた。


このうちの2個が晩御飯である。
(もともと翌朝食に1個のつもりだった)



週末のことはまた今度。
[PR]
by kick_me_baby | 2009-12-16 02:03 | 日々のこと

KOREHAHIDOI~theMOVIE~

9/21(月)
急に軍の後輩に誘われて、その後輩の友達の出るアニソンオンリーのライブイベントに行く。

秋葉原待ち合わせて荻窪へ。

ライブハウス。椅子は一番後ろのブース(つかってなかった)の付近に数脚。
名のあるプロデューサー(アイマスにお金をつぎ込まないほうの)とかスカウトとかが座る用の。

人数に対して席が少なすぎるから普通は座んないんだけど、恥を知らない我が後輩は余裕で座るw
さすがゆとり世代は違うなあと思いつつ、まったく興味のないライブを立ち見とか苦痛だし、
「空いてますよ!」に助けられ僕も座る。


1組目が後輩の同盟軍の友達だった。
最近のアニソンはよく知らないなぁ…(←すげーおっさんくさい)

2組目、普通。感想の放棄。


3組目がひどかった。
1曲目の“残酷な天使のテーゼ”を歌い終えると、
女Vo.「普段はオリジナル曲とかやってまーす。歌いたくなっちゃったなー^^
    いいかなー?」

と、まあ「いいよー!」だの「イエーイ!」だのを期待した発言をするわけですよ。
ところが、ライブハウス一杯の観客は沈黙。笑いをこらえるのがやっと。

女Vo.「…歌いたくなっちゃったし、歌うね!」
とかwwwwけなげ過ぎて爆笑wwwww

後方にいた運営的な人らが「いいの?アレいいの?」とか相談してて面白かった。


あと、このバンドはこの女とギターが付き合いだしたら解散だな。と思った。



余りのひどさにここで退場した。
金を返せとは思わない。
むしろ早く出れる権利をタダでくれるなんて!



他の後輩2人がサシ飲みをするという情報を察知していたので、そこに合流するべく神田へ。
御茶ノ水の方のお好み焼き屋に行く。

1点や2点イラっとしたことはあったけど、最近(数少ない)友達の悪口を書きすぎだろ…とか、「フローレンスさんはさぞかし立派な方なんでしょうね^^」とかで、割愛とする。

…って書くとたいていの場合、複数人いるうちのまともなやつ「僕なんかしちゃいましたかね(オロオロ」とかなって、
恥を知らないほう「まあ私のことじゃないでしょう」
的な感じになるから難しい。
人付き合いの上手い人は“何をしたら怒って、何をしたら怒らない”境界線を踏んでない自覚を持ってやっていけるんだろうな、うらやましい。


夏に会った(そして醜態をさらした)うちの1人が「僕だけ…名刺もらってないんですよね…寂しかったなぁ……」と言っていたのを思い出し、名刺配布とか。

名刺ジャンケンで強いぞ!なんたって世間に10枚前後しか出回ってないレア物だからな!!


他の1人が「渡し方わかんないんだけど…」と言って差し出した(趣味の)名刺。
本名・携帯番号・メアド・ハンドルネーム・ディーラー名(フィギュアを売るときの!)が書いてあった。

この組み合わせいつ使うんだw


もともとサシで飲む予定だったという2人は、留年に抗うための相談会をやる予定だったそうで。
そんな話をしてる様子は無かったな。。。のどにやさしい留確さん(東京80's的表現)か……。

フヒヒww邪魔しちゃいましたねwwww


そんなで終了。解散。帰宅。



すごい!3ヶ月前のブログとか書いてると、たいていのことは最終的に自分が勝ったことに出来る。
ここに究極の後出しジャンケンを見た……!!
[PR]
by kick_me_baby | 2009-12-15 03:05 | 日々のこと

真っ赤な空を見ただろうか

9/18(金)
「週末も出社ですかね、、、、(オロオロ)」
と言っていたところ、先輩が
「ここは俺に任せて早く行け!!」
とのことで
「はいっっ!」と即行で(誰かに捕まると厄介だしね!)で帰宅。


さっさと身支度ををして出かける。

(略)

実家に着いた。


ちょっとした準備等してすぐに寝る
…つもりが気づいたら夜明けも近かった。


9/19(土) 富士登山!
同行の友人と昼前に落ち合い、まずは河口湖へ。
電車を乗り継いで約2時間かかった。

さくらうどん食べた。
馬力つけとかんと!


ベタだなぁと苦笑しつつ、金剛棒を買い、五合目までバスで移動。


金子「皆さんにはここで3時間ほど気圧になれていただきます」
友人「はーい」


登山家スタイルだったからか、どこからか現れたおっちゃんに
「おう、登ってきたのか?」と聞かれ、
「いやー、これからなんですよー」
「今夜は山小屋かい?」
「今のところ考えてないです」
と言ったら、急に踵を返していなくなってしまった。
なんだったんだ…と友人と二人で。

「“じゃあ、がんばって”とか言って消えるならわかるんだけどね…」
「むしろ“やめておけ”ぐらい言ってほしかった」←…?




お土産みて1時間ぐらいつぶす。

友人「もういいべ?なれただろ?登ろうぜ!」金子「えーっ!?あっ、はい…。」



登り始めてすぐに六合目着。
d0054762_7104183.jpg
この段階でかなり景色はいい。
(レンズが汚れているのは残念)

しばらく歩くと[閉山中につき~~]という看板があった。
友人「はいきた、これは残念!さあ戻ろう!」
金子「まあまあ、ちょっとだけ行って、登山者が誰もいなかったら(あるいは管理者的な人がいて怒られたら)やめる。そうしようぜ」
と、何とかなだめすかし(険悪ムードの中w)続行。


一人で行くのがちょっと……との理由でこの友人を誘ったけど、ちょっと違ったかな?とか思いはじめる。
冒険心がない・消極的選択をする・←を一人でする積極性も無いので、他人を巻き込む  等。
命を大事にしすぎるところがあるよね。
普通に遊ぶ分には楽しいけど、冒険には向かなかったかな…。
(性格を変えろ! と言いたいわけではないのが難しいところ)


山頂から見て北側から始まり、若干西側に回りこみながら登るルートだったため、
d0054762_7293765.jpg
雲をスクリーンに、Mt.Fujiの影が映るという、
影富士が拝めた。


日没ごろに何度目かの小休止。
d0054762_7344227.jpg
この紅さにキュンとなる。
自然物が真っ赤なことがなにか、琴線に触れる。
(そしてこの写真の、なんとエヴァっぽいことか。)


ちょこちょこバテはじめる。
やはり高山病か?

またしばらく登って7合目。
開いてた山小屋でカップヌードル(600円)食べた。
ハイパーインフレ突入!ワクワクしてきたぞ!



8合目、当然真っ暗。
高度3250m。

宿泊なら最後のチャンス?の山小屋に到着。
(どっかの登山者のサイトに“閉山中もやってる良心的な山小屋です”とか書いてあったけど、なんか違うと思う。)

まあいいか、と泊まった。
プライバシーの無いカプセルホテルみたいな空間に押し込まれて7000円でした。
今は布団があるだけでありがたい…。

山頂で御来光を迎えられるように起こしてくれるらしい。




9/20(日) |> あきらめる
2:30ごろ。山小屋の主の声で起床。
今現在、暴風なので自己責任!とのこと。
登るのはやめといた。二度寝。


5:30ごろ。日の出タイム!と言われ起床。
じわじわ登ってくる太陽を見る。
日の出にはそんなにありがたみを感じない。

デジカメでとってる人もいたけど、違うと感じてた。(飾りじゃないのよ涙は)
仕事で光についてちょっと真面目にやってたところだから、光を表したり、(自然の)光を収めることの難しさ!みたいなのがあったりしたため。


小屋の主がいたので、
金子「うえまで時間にしてどれぐらいになります?」
山小屋主「大体2,3時間見ればいいよ。まっ、行っても何にもないんだけどねw」
友人「…ふーん、何も無いのか。」



そして再出発。
山小屋から10分?程度のところに分岐点アリ。

 ↑山頂
←下山道



友人「これは折れたな!心が折れたな!」
金子「はい……」

実際折れそうだったけど、折ったのはこの一言だったと思っている。



それから下山。
細かい砂利道でズズズ…と滑りながら降りる。
休みながらだったけど、登るよりはるかに楽。
……下りしかない山があればいいのに。

d0054762_38345.jpg
モンハンとかのゲームで言う
[ここまでが行ける場所]と[ここからは背景テクスチャ]
が予想できる一枚。


d0054762_3132850.jpg
切り立った崖、その奥に背景。
崖下からラスボス(一回倒したと思いきや第二形態)が出る前の静けさ。

(PT的にはネトゲ?…ネトゲだとこの展開はないか。)


うん、今日もゲーム脳でした。



馬に乗って散歩してる人を見かける。
(ただし、おっちゃんが手綱を先導して引いている)
めちゃくちゃダサいww
半ばさらし者じゃないですか。



五合目に帰還。
苔桃ソフト食べた。まあまあ


こんなとこまで来て的屋がたくましく屋台をやっているw
向かいの土産屋店頭には「そこの屋台は当店とは無関係です」とか書いてある。

本当はいけないことだと思いつつ(野良猫にエサをやる的な感じで)も、
うまそうだったので、串焼き肉を注文してしまう。
出されたのは紙皿に盛られたぶつ切り肉(生焼け)と割り箸。
…どうしてこうなった!



ふもとに下りてからは、
友人「富士Qハイランド行こうぜ!」
金子「やだよ、こんな砂埃にまみれて…金剛棒を持って……やだよ。」

だの、
温泉施設に入ろう!と思ったけど、入り口が見つからない(国道沿いのラブホ並みに入り口が隠蔽されているものと思われる)とか。

ならせめて名物っぽいものを…と思ったけど、昼もちょっと周ってて食い物屋も見当たらないとか。

(別ルートから登れば、富士宮焼きそばという手もあった)



で、帰ることになった。


電車待ちの間(特急券を持ってない人は、鈍行が来るまでホームに入れてもらえない)、駅構内をうろついてると、登山ルックのためかタクシードライバーが話しかけてきた。
TD「お兄ちゃんたち、登山してきたの?」
金子「あ、はい」
TD「頂上まで行けた?」
金子「いえー、無理だったんですよー」
TD「ふーん、そうなんだ。よかったら今度は観光に来てよ!」
で、スタスタとどこかへ消えた。

友人と「これが会話だよな」とか言い合う。


富士急車内にて。
d0054762_3365039.jpg
oh.....
これはこれは…
「アニサマっぽいのをもういっちょやったら大儲けじゃね?」

「会場もでかいとこ押さえてさ。どうせオタクのやつらは辺鄙な場所でもノコノコ来るしさ!」

ぢごく。

でおなじみのランティス祭り先輩じゃないっスか!!オッスオッス!!



帰りの電車ではずっと「流行り神Portable」をやってた。
すごく面白いわけではないが、それなりに面白い。
それでも投げないっていうのはサウンドノベル好きなんだな、っていうのを自分で再認識。

友人は僕の携帯でいたストをやっていた。
何が面白いんだかね。


でもこの、電車に揺られている穏やかな時間は好きだった。
日常+α程度の遊びをするにはいい友人かなとは思った。



明日も仕事なので失礼しますよ。
明日……今日…?今日!!
[PR]
by kick_me_baby | 2009-12-11 04:01 | 日々のこと

本当のピンチのときはいつだって

9/12(土)
昼までラブプラスして、出かける。

同期とボウリングである。

いつも通り、最重の16ポンドを豪快に発射。
三角に並んだピンの頂点に吸い込まれていく黒球。

初球ストライク!
バッカーン!と気持ちのいい音をさせてはじけ飛ぶピン。
完全に実力者のオーラを出しつつ悠々着席。


3ゲームやってアベレージ96を叩き出した!
最初の一球は完全なるマグレ(あるいは1球肩)で、あとはG-G-G-


そのあと、和風居酒屋に行った。
中途の人(ただし同期)がここから参加。

2時間制限ですぐに退散。


それから今度はうちに来て飲もうと言う話になり、集結。
メンバーの一人は麻雀パイ持参という(間違った)気合の入り方。

5時ごろまで麻雀して解散。



9/13(日)
やっぱり昼過ぎまで寝てた。

(シルバーウィークに富士山に登るために借りていた)登山のハウツー本を句の図書館に返しに行った。
「間違いだらけの山登り/岩崎元郎」…中高年向けに書かれた本で、役に立たない。立った一件の事例をコモンケースのように扱う。
「ベーコン野外術/尾崎紀世彦」…アウトドアでのキャンプやクッキングの本で今回予定の登山には役に立たない。読んでてお腹のすく本。



ラブプラスにもう飽きた。自分でもびっくりした。
付き合ったとたんにどうでもよくなった。

ストーリーモード中が画面の中の主人公(自分) と 画面の中の愛花だったのに、
彼氏モードに入ったら画面の外の自分 と 画面の中の愛花のコミュニケーションになるのがきつい。
どの立場でゲームに参加したらいいのか、っていう。

(ストーリーの終盤の決めポーズ&決め台詞の流れもちょっと薄ら寒い)


9/14(月)~17(木)
仕事が若干詰める時期に来ていて忙しい。
このままじゃシルバーウィークがなくなる可能性も…と言われ、ちょいとあせる。
「週末も出社ですかね、、、、(オロオロ)」
[PR]
by kick_me_baby | 2009-12-01 01:41 | 日々のこと