フローレンス金子の今週の貴方

ブログトップ

<   2014年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧

嫌いなコピペ:「人生は神ゲーだ」

これ。
人生は神ゲーだ。
本気でがんばるとぎりぎり倒せるように絶妙のバランス調節がされた敵。
単純作業じゃ効率が悪いけど、工夫次第でどんどん効率を上げられる
経験値システム。 リセット不可の緊張感。
でもシレンとかよりずっと死ににくいからあんま気にする必要なし。
つーか普通のゲームでもリセットなんて邪道じゃん。
全てのキャラが深い人間性と歴史を持って登場する、圧倒的リアリティ。
グラフィックが綺麗すぎ。多分、無限×無限ピクセルで、
毎秒無限フレームで動いてる。色も多分無限色使える。
夕焼けとかマジありえねー美しさ。
BGMの種類がほぼ無限。選曲も自由。
自分で作った曲を流すこともできる。
人間が作ったとは思えない、とんでもなく複雑で洗練されたシナリオ。
リアル出産システム採用。自分と、自分よりも大切に思える相手の遺伝子を
半分ずつ受け継いだ、奇跡のようなキャラを生み出して、そいつに自由に
色々教えて育てることができる。 すごく嬉しいし、ちょー楽しい。
食いきれねーほどの種類の料理があって、超うまいものが時々食える。
説明書が無く、仕様が明かされてないから、
自分でデータとって仕様を推測するしかない。
これがまたとんでもなく高度に洗練された仕様になってるっぽくて、
なかなか正確には分からん。
だから、とりあえず大雑把に推定し、それに基づいて行動して、
データを取りつつ徐々に予測値を修正していく必要がある。
これがまた楽しい。
徐々に明らかになっていく世界観。未だに明らかになってない謎が山盛り。
友達と一緒に協力して遊べる。しかも無料。
本気で自分を愛してくれるキャラがいたりする。
ゲーム内で別なゲームやったりアニメ見たり出来る。
登場キャラと本当に心を 通わせることが出来る。
信じがたいほど深い感動を味わえるイベントが結構ある。
もちろん本気でやらないとフラグを無駄にするだけだが。
こんなとてつもない神ゲーを糞ゲーとか言ってる奴は、
本気でこのゲームをやったことがない奴だけ。
まあ、一切がんばらずにクリアできるようなヌルゲーばかりやってる奴には、
このゲームはちょいとハードかもしれんがな。


ほんときらい。現実世界MMORPG説とかは好きだし、そういう皮肉として言ってる分にはよかったんだけど、これを拡散して「感動した!!!!」とか言ってる層が気持ち悪い。
そういう構え方で読むと、
本気でこのゲームをやったことがない奴だけ。のくだりちょっと嫌い。選民意識うっとーしいです。
「4巻まで我慢したら面白くなるんだよー!」っていうオススメマンガとか、
「30分ぐらい我慢が必要だけど、そこからは引き込まれるんだよー!」とかいうシュタインズゲートとか。
ゲームを薦めるときにプレイヤーに民度とか我慢とか“本気でやること”を求めたらダメでしょ、と思う。
1個人に対して薦める文章ならまだしも、全員(全ゲーマー?全国民?この世界にいる全ての人?)に薦めるのにそれはちょっと…ってね。


※2013年の
2/4(月)~
2月から別部署のヘルプに入る。
Kさんと一緒に、っていうのが不安をあおる。
プログラマ不足だそうで、なにしろ非プログラマの文系職がコード組んでる始末。

環境整備と現状把握に努めた。

2/7(木)
電話予約で週末のスノボの予定入れる。
出発の前日でも取れるの素晴らしい。

2/8(金)
夜、退社後一旦帰宅して荷支度。
そのあと、同期APと合流して飲む。
京都駅そばの串カツ屋に行った。

お一人様1本限定の牛串とかがうまい。中がややレアでそれが激うま。
他に変り種なうなぎ(タレつきの蒲焼を揚げたもの)とか、ソースつけるか困惑するけどまたうまい。
ポピュラーな豚、キス、タマネギなんかもちゃんとうまい。そして割と安い。

店を出てから、バスまで時間あるし…とコミックショップに行った。
掘り出し物な機動警察パトレイバー全22巻セット(1000円)とか購入。うれしい。
スノボには行かないAPにお駄賃として500円渡し、預かってもらうことに。

で、いい時間なので別れて京都駅のバスターミナルに。
「○○観光はこちらでーす。」やら
「××ツアーズの受付はこっちです!」やら
「△△ツーリスト、□□行きはこちらでーす。」だの。
なんだか日雇い派遣のバイトの頃を思い出して軽くへこむ。

滞りなく受け付けて、預ける荷物もなく乗車。
週末だし、睡眠不足もたまってるのでそこそこで眠りに付く。寝てる間に目的地に着くお得感素晴らしい!
(とはいえ眠りも浅いので、SAごとや揺れ激しいとかで起きてしまうけど…)

2/9(土)
5時ごろ着。3年前に初めて来たのと同じところ。
最速でボードとブーツをレンタルしてゲレンデに降り立つ。
気分もウキウキしてるので同乗者に話しかけたりなんかしちゃってw

1本2本すべったところでレストハウスに戻ってきて朝食。
鮭と豚汁の定食食べた。ビールもつけちゃって。
また1、2本。
体はあったまってたんだけど、やけに眠くなってしまって(バスでは疲れ取れない、およびビールかなあ)、レストハウスで小一時間休憩、突っ伏して寝る。
(あ、高校のときに教室でよくやってたやつだ!)
再起動。また滑る。
昼食とってまた滑る。
かねての課題だった“脱・木の葉滑り”は叶わず、やはり左にゆっくり右にゆっくり。まだ怖い。もうちょっと…もうちょっとな気がしてるんだけど。

そうそう、痛板は1枚だけ目撃した。アイマスロゴのなんか天使みたいなマークの。
そのさりげなさがとてもCoolだと思った。原色ビカビカの萌えキャラのはちょっとね…。
僕もいつかは自分の板を持って、痛々しくデコレートしたい…そう思っているので、いろいろ思うところはある。

帰りのバスの集合時間より早めに上がって、併設の温泉につかってゆったり。
会社にお土産など買って帰路。

どうぶつの森の釣り大会にも飛び入りで参加、優勝をかっさらう。


京都について、とにかく家でくつろぎたかったから即帰宅。
途中でたこ焼き買う(これはちょっと疑問の残る味。ナンデこれで見せだしたのさ)。
寒い部屋の汚い布団でゆっくりと眠りについた。


2/10(日)
寝起きに、筋肉痛でよろけて枕もとのメガネを踏み壊してしまった。

なぜか腰が痛い。原因不明の腰痛に悩まされ、近所の薬局でシップなど買い占める。
たしかにスノボに行って、ケツを思う様打ち付けたし、普段使わない筋肉もすごく使ったし、無理な姿勢もとったけど…それが原因とは考えづらいなぁ…。

2/11(月)
たいして視力は低くないものの、メガネないと困るのでメガネ屋に。
フレームのレンズはまってる部分だけ直せる?→直せます。フレーム代の半額で承ります。
出てきたメガネは、なぜかテンプルのほうもまっさらになってた。

「あのこれ、横のこの部分も新しくなってます?だいぶ綺麗に…」
「いえ、大丈夫です。クリーニングです。半額で受けてます。」

…?
・本当にクリーニング説(印字も綺麗になってる気がするけど)
・本当は全とっかえだけど、半額でやってくれた説
・そもそもフレームのみ交換は半額説(考えにくい)
よくわからんが、思ったより安くてよかった。


それはそれとして、作業待ちの間に眺めてたら、新しいメガネ欲しくなってしまったので購入。
いままでの四角いクロブチと違って、やや丸い赤いセルフレームにした。
これは女子に掛けさせたいベストメガネです!少しの野望と、イメチェンをかねて。
(店外の照明下ではあまり赤くなくてちょっと残念だが…)


状況打破のためのランニングシューズも購入。
幅広の我足に合うのはイマイチ色(ブラック、申し訳程度のシルバー)。しかもディスカウントされない。
まあ、まあ。
[PR]
by kick_me_baby | 2014-03-09 07:52 | 日々のこと