フローレンス金子の今週の貴方

ブログトップ

なんか自意識過剰:「ネットサービスごとにハンドルネーム変える」

mixiと掲示板とtwitterとラジオネーム全部違う名前。
なんか別人でいたい的な気持ちで。


※2013年の
3/25(月)~
また、断食な生活。やや慣れ。

3/29(金)
同期APと飲む。会社そばの和食居酒屋(個人)。
個人経営の感じで入りづらかったけど気になっていたので。
・鉄火巻がうまい。米よりもマグロ部分のほうが多い!
・魚コロッケがうまい。何らかの白身魚が細かく入っている!
・ビールを頼むと常連客が持ってきてくれる。
「うちはそばがね、売りで、〆に頼む人が多いんだよ」→頼む。うまい!
大満足。

そのあと、突発にカラオケ。
まあ、まあ。

3/30(土)
会社の花見。クッソ遠い専務の家で。豪邸自慢か…うざ。
まだ3月なのに、新入社員が来ている!気の毒…!
インターンで既に来ていたとはいえ。
会場に行くとその新人が「(プラ)コップに名前書いたげますねー」とかって言って、コップを持ってペンのあるほうにスタタタと。
で、僕の下の名前かいて持ってきてくれた。
(うれしい)(でもこの新人の名前知らないぞ)
(でもきっとこの子も向こうで「あのもっさりした先輩の名前教えてください」とかやってるだろうし、引き分けだな)

など。

いろいろペットを連れてきてる人がいて、犬3頭・オウム1羽・カメレオン2匹集う。
カメレオンを頭に載せられ、写真を撮ったりした。


終了後、後輩を引き連れて飲みに…行こうとしたけど、京都駅への長時間の電車で寝こけてて、気づけば僕ともう独りだけになってたので解散。
しかたないから京都駅でパン買って、それから王将で餃子5人分買って、マクドナルドでバリュー的なの買って、帰宅。
そして、寝る!全てを放置して!



3/31(日)
ちょっと用があったので散策。
そんでその辺定食屋(目星つけてた)で、大盛の天丼食べた。
どでかいアナゴが乗ってる。まずくはない。

夕飯だったか、前日に買ったものの残りで済ます。
[PR]
# by kick_me_baby | 2014-10-28 05:04

ワンギャル版デ・ジ・キャラットを観たことがなかった理由:「裏の深夜番組を観てた」

そう![トゥナイトⅡ]
あれはほら。我ら、コンテンツに飢えた中学生男子にはたまらないものがありまして。
山本晋也カントクの出る変り種風俗特集やら変わったAV特集やら見ては(テレビでおっぱいが見れるのは大変結構なのですが、もっとこう…ベーシックなものが見たいのです)と思ったものでした。


※2013年の
3/18(月)~
例の部長が退職したことに伴い、大再編があった。
(この時点から)2年前に離脱異動を願った部署に舞い戻る。
とはいえ課長以下ごっそりその部署に編入の形だったので、まあ今までどおり…かな?

つっても、この日は休んだけど。




3/23(土)
Kさんとサイクリング。
まずはそこそこ近所のラーメン屋で昼ご飯から。

それから出発、13kmほどさきのパン屋へ行く。

途中、Kさんのチャリのパンクなどあり、ショッピングモールめいたところに逗留した。
待ってる間にサーティワン(いつの間にかバスキンロビンスとか言いよる)でアイス食べてた。ロッキーロード最高。

あと、ここのゲーセンのトイレに小便器でゲームできるやつがあって、ちょっとテンション上がる。


パン屋では定番のカレーパン(うまい)、明太フランス(うまい)、ベルギーチョコ&クリーム(うまい)とか買う。普段は買わない食パン系も少々。


京都駅近辺に戻って高級スーパーでチーズとワイン購入、Kさんとは別れた。


当然晩御飯はパン。パンパパン。



3/24(日)
同期APと大阪のハンズに出かけた。

グーグル検索:京阪電車 カラス ハンガー
これにちょうど巻き込まれて、電車が急停止した。
目的地まで近かったから、電車降りることにして徒歩。
そのあとも止まってたみたいだから、いい選択をしたようだ。

着いてすぐ昼食。梅田の餃子屋で。…京都にも支店あるが。
なんやかやと話しながら15時近くまで。
だいぶ飲み食いして4000円ぐらいだったのでよい。


そしてハンズ。
[コップのフチコさん]ガチャがあって、5,6回まわした。
素朴なデザインの女子、好きだ!

そもそもハンズに何を見に行ったのだったか。
同期APが新居に棚を作るからとかで、資材を見に行ったのだったか。

変哲ないラーメン食べて帰りました。
[PR]
# by kick_me_baby | 2014-10-22 03:51

よくできてる、と思ったTV番組の締めの挨拶:「また今夜!」

90年代にそういう深夜の情報番組があったんですよ。[ワンダフル]っていって。
月金の帯でやってて、番組開始から番組終了が日付またぎだったから、「また今夜!」と。
“ワンギャル”とかいう名前で、モデルが1ダースほどスタジオにいて、いろんな特集やってたなあ。

・浜崎あゆみの曲にハモろう
女の子とカラオケに行くときのために、あゆの曲にハモれるように練習しよう!

・野外でのエッチは是か非か
賛成派アプローチ→これは野生に返る本能的行為なんです。
否定派アプローチ→街頭実験(路肩に止めたスモークバンからエロ音声を流し、乗っているスタッフが軽く揺らす)を行った結果、車を輩が取り囲む事態に…危険だ!

・ひとりエッチ徹底調査
街頭インタビューで回数やオカズについて調査。
覚えてるのは男2人組に訊いて、
男A「よくやりますよ。(Bに向かって)こないだも一緒にやったよな」
男B「言うなって!」とか。
この頃は(へー、仲がいい友達とは一緒にやるもんなのかー)と思ったが、この2人って…。


なぜかアニメコーナーがあって、イッパツ危機娘の頃みてたなあ。
デ・ジ・キャラットも最初はこの番組の出身だったんだけど、見た覚えが無い…中学末期~大学ぐらいの頃はあんなに好きだったのに。



3/11(月)~
先輩Kさんらと、週末遊ぶ予定を立てる。
映画観て、昼食べて、散歩、おやつ、夕飯。

Kさん「うちの奥さんも連れてくわ。映画すきやし」
ぼく「え……アッハイ」
Kさん「大丈夫。うちの奥さん、遠慮とか要らないし。誰とでもすぐに仲良くなれるからね!」
ぼく(ひえ~~)


3/16(土)
朝、映画館に集合。Kさん、その奥さん、HNさん。
で[FRIGHT]観る。
思ったほどコメディでなくて、話も重くて戸惑う。

ラーメン屋で昼食。
大盛+ライス大みたいな乱暴なメニュー食べる。

Kさんの奥さん「今の映画にキャッチコピーをつけるとしたら~~やね!」とかなんとか。

高級チョコ屋でおやつ。



から、MMさん合流で喫茶店でケーキセット食べた。
つい、ケーキをもうひとつ追加。

ふらふらと散歩。
桜にはまだ早かったが、梅が咲いている公園をぶらぶら。
肌寒かったので、予定よりだいぶ早かったがインドカレー屋に移動。

タクシーを使ったのだけど(MMさんはバイク)、
Kさん「4人だけど、3で割る感じでいいよね?(奥さんと自分を指差しつつ)ここ財布一緒やし」とかいう。
ぼく「いやー、その。3.5ぐらいで割るってことで」といいつつ小銭を渡す。これ自体は間違ってないはず。



カレー。
まあ普通にインドカレー。
セット+ビール頼んだけど、ケーキからあまり開いてなかったのもあってやや苦しい。


で、バスで帰宅。そんな1日でした。



3/17(日)
やはりだらだらと。
[PR]
# by kick_me_baby | 2014-07-16 03:52 | 日々のこと

訊かれて困る:「ニコニコ動画ってなにがおもしろいの?」

親戚のおじさんとかに。おじさんの子供(僕からは従弟)もよく見ているらしく、なにがいいのか?と。
「コメントをつけながら見てると、みんなと見てるみたいで楽しい」とか、さほど本心じゃないことを返すけど。

「ユーザー主体のコンテンツが~」とか、
「CMが無くて見やすい」とか、
「それぞれがそんなに長く無くて、暇つぶしにちょうどいい」とか。
この辺は実際そう思うけど、どれもが決定的なわけでもないし。うーん。
誰か僕に教えてくれないか。



3/4(月)~
3/11に先方に成果物を提出することになっていたので根詰め手作業。
土曜出社の可能性もあったものの、何とか免れる。

3/9(土)
朝から映画[CABIN]見に行く。初日初回。

劇場窓口にて
ぼく「この席がいいです」
受付「こちら、隣に人がいますがよろしいですか?」
ぼく「はい」

ビールとチキンタコスだかを買って席に着く。
…が、右隣の中年男性が臭すぎる。体臭だかなんだか知らんが臭い。
(本当はいけないんだけど)席を1つずらす。安堵。

予告がしばらく進んだ頃に、若い男性が1人やってきて、あれ?っという顔をしながら僕の左隣に付いた。
(あー、この人、“隣に誰もいない席”のつもりで買ったのか…悪いことしたなあ)と思ったが、本編が始まる。
タコスの封を切って周囲にトマトの匂いを漂わせつつぱくつく。
すると、隣の若い男性は小さく唸ってもうひとつ左に席移動した。
僕はこのとき(あちゃー、ごめんねー)と思うとともに、心底ほっとしていた。

1.タコスは劇場で売っているものなので、この匂いをさせることには問題は無い。
2.若い男性が不正席移動したことで、僕のほうの不正席移動の罪は軽くなった(気がした)。
とかなんとか。

映画館に匂いのきつい人(体臭に限らず、香水とかも)はご遠慮願いたいと思った。


映画は面白かった。ホラー映画あるあるが満載で、ホラー映画ファンにオススメしたい。
逆に、メジャー作なのに僕は見てない映画のパロディ的なネタが多く、己の不勉強を恥じた。


そのあとメシ食って帰った。


夕方ごろに同期APから呼び出しがあって、ホイホイ出て行く。
造り酒屋提携の居酒屋で。
炙った干物と日本酒など。仕込み水がまろやかでうまい、チェイサー代わり。

飲んでから、なぜか電車移動でブックオフに移動。しばらく散策。
気になっていた打ち切られマンガ[度胸星]を見つけるも、全4巻中3間だけ抜けてるので諦めた。

それからまた電車移動でAP宅(新居)へ。
終電までということで飲む。
(まだ引っ越してきてない、同棲予定の彼女より先に泊まるのはどうかと思うんだ)
まあ余裕で終電はオーバー、結局泊まった。



3/10(日)
家でだらだら、かなあ。たぶん。
[PR]
# by kick_me_baby | 2014-06-23 05:51 | 日々のこと

言い訳:「時間ねぇ!」

なんて、何度も書いてるなw
早ければ数週、遅くても9ヶ月ぐらいで“時間ある!”になりそうな現状…ワロエナイ...


※2013年の
3/2(土)
メシ食っていい日(平日は水とか野菜ジュースだけで生活してる)。
朝はレトルト牛丼をかけたおかゆ。うまいです。

同期APが引っ越すとかで、その手伝いに行く。
実際の引越しはまだ先なんだけど、早めに新居の鍵をもらったとかで業者依頼前に手運びできるものは運ぶとのこと。

昼食(ファミレスビールクズ)をはさみ、遅くまで作業。
回数券を使って幾往復か。


本日の作業終了時、もう日付も周っていたしやってる店も無くなりつつあり、深夜営業の串カツ居酒屋にしけこむ。

ぼく「気になる子をデートに誘ったが…」
AP「初手二人はどうなのか。今後、誠実な面を見せていくことで評価をジワジワ上げていけばワンチャンあるんちゃう?」とか、
話してるとやや近くで1人で飲んでたギャルっぽいギャルが急に
ギャル「あれー、恋バナって感じですか~?」と加わる。
この感じに戸惑う…でも、
ギャル「女子にはぁ、押していけばいいんですよ~」になんとなく勇気をもらう(気分になる)。
AP「まあまあ、こいつは真に受けやすいしその辺に…」にちゃんと我に帰る。


この日は引越し手伝いのこともあって同期APのおごりだった。
…が、帰りはタクシーだったのでお得感は薄い。まあ飲み代(本来のワリカン分)よりは安いけど。



3/3(日)
映画[ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日]の朝一の回を見るために起きる…はずだった。
チャリで30分ほど(たぶんこれが一番早いと思います。)を見込んでいたんだけど、上映時間の20分前に起きる。絶望。

映画のあとに予定など無いし、1本ずらしても何の問題も無いんだけど、まースケジュール変更するのも癪だし家を飛び出す。

観光地めいた大通りに近いところに住んでいるので容易でした。大人の乗り物。
たかだか休日に1人で映画を見るのにタクシー。
罪悪感とか無いではないがまあいい…とする。

ぼく「9時20分に間に合いますかね…(遠まわしな催促)」
運転手氏「混んでなければいけますよ。イベントか何かですか?」
ぼく「その回の映画を見るんです」
運転手氏「あ、はあ…」
そらそうか。「待ち合わせしてるんです」とかにしとけばよかったな。


さておき、[ライフ・オブ・パイ]見た。3Dで。
まあまあよかったけど、思ってた感じとは違った。

・トラが終始敵キャラ
・あのー、プロモで流れてたColdplayはどこに?
・3D映像の効果が一番効いてるのがエンディングロール

ってとこかね。まあよし。



帰り道に三条通を歩いていると、異臭。
甘く香ばしい匂い。チョコレート!強い匂い!
キョロキョロしてたらチョコレート屋があったので入って数個買う。
カカオ豆の買い付けからやってるとかいう店でだいぶ高かったけど、濃厚さがあって美味しく、たまーに食べる分にはいいかな?という感じ。

カレー買って帰宅。
初ゴーゴーカレー。なんていったかアレ、メジャーだったか全部乗せの奴。
こんなもんか感。ソースの味が濃すぎるかなあと。
あと、カツが薄い…。原理主義的な人には「カレーとの相性でちゃんと考えてその厚さなんだ!黙ってろデブ!」とか言われそうだけど。


今日は、ここまでに、しときます。
それでは、みなさん、さよならー。
[PR]
# by kick_me_baby | 2014-06-08 03:45 | 日々のこと

再認識:「俺って夜型な」

…と思うんだけど、どうなんだろう。
朝が来るから起きなきゃいけなくて、会社に行かなきゃいけなくて…っていう24時間サイクルの生活をしてるから、“夜型”に甘んじてるだけなんじゃない?
『朝』に縛られず眠り続けて、『夜』に縛られず活動し続けることができれば、もしかしたら30時間サイクルや48時間サイクルの生活が出来るのではないか?…とひそかに考えている。
渡辺浩弐の短編集でそういう話があったんだよな。懐かしい。


※2013年の
2/23(土)
午前中に新幹線で関東へ。
駅弁、カツサンドなど食べる。

地元駅付近で母に荷物を預け、別の駅に移動。
友人Cと落ち合って、六本木に。


夜にあるリアル脱出ゲームをやるためなんだけど、六本木での時間のすごし方を知らないので戸惑う。


とりあえず昼食。
肉屋が併設されてるレストランでハンバーグかなんか食べた。



それから、誰だっけ、会田誠?の美術展があるらしいと、18禁コーナーなんていうのもあるらしいと、見学を検討。
が、思いつきで行くにはちょっと高かったので(2000円?はしなかったと思うけど)、見学はやめてふらつくことにした。

結局喫茶店。シックなメイド服風のコスチュームがかわいい。
ぼく「3Dプリンタ欲しいなあ、使い道ないけど」
友人C「作りたいものあったらモデル作れるよ、俺。仕事でも作るし」
とか、あまり知らなかった友人の普段の仕事のことが垣間見えてうれしい。



ゲームの時間が近づいたので六本木ヒルズの展望台に移動。
わずかにあった時間は宇野亜喜良の展示即売とか見てつぶした。

ゲームについては…。
いやあ、またクリアできなかった。最近連敗だなぁ。
以前からそうだけど、「誰か1人だけクリアできればいいや」的な理不尽さとか「与えられた情報でクリアした人がいる以上、クリアできないほうが悪い」的なスタンスがひしひしと伝わってくる。
無論、その“誰か1人”が自分だったら、最高に気分はいいんだけどw


終了後、今回のゲームの謎モジュールを販売するという。
内容については伏せるけど、一部分のみ。
200円といっても一部分では話にならない。500円~1000円で全部なら買うと思うんだけど。
(とはいえ、過去問集にいずれ収録されるなら、この場で“全部入り”は売らないか。)



で、晩御飯。
Cによると一部で有名らしい、カレーが名物の中華料理屋に行った。
ま、普通。普通にうまいカレーだったけど、名物?といった感じ。

食べてたら中国なまりの店員氏が近づいてきて
「ワンセグあるますか?今テレビでうちの店紹介されて、嵐が食べてるよ~」と。
なんかタイミングすごいよくて、少しうれしかった。

カレーでは足りなかったので鶏そばとかいうのも食べた。
2人だったし2つ頼んだら、鍋で来よって量もたっぷりだったので大満腹した。スープがドロっとした鶏がらですごくうまいんだけど、麺は中華系のコシないフニャ麺でやや物足りなかったが。



終電ギリにはなったがどうにか乗って家(実家のほう)に着く。



2/24(日)
夜ごろに京都に戻る。
京都駅地下の中華料理屋で晩御飯。四川風麻婆豆腐・激辛。
さしてうまくなかったので残念。リピは無いです^^;(食べログ並の感想)



2/25(月)~
ダイエットをすることにした。
常時やってるけど、もっとまじめに。

そもそもの経緯としては
・テレビ台買った
→(寝ながら見るには)テレビの位置が高すぎる
→そうだ、ベッドを買おう
→木製の、折りたたみ機能のある、一般的な、ベッド
→調べると体重制限が微妙に絶妙(一点集中したら破損しそう)
→体重減らすか…。


ダイエット方法としては一般的なセオリーの“何も食べない”を採用。
野菜ジュースは飲んでいいことにするし、週末は好きに食べていいことにする…とした。


普通に受け流した週。職場でメモ帳として支給されるスケッチブックに、週末に食べるもののセットリストなど作って耐える。…逆効果だけど。
[PR]
# by kick_me_baby | 2014-05-05 06:14 | 日々のこと

自分の悪いところ:「メリハリが無い」

全方位本気出しがちというか、手を広げすぎというか、趣味多すぎというか。
平日の日記なんて、何ならつけなくていいんじゃないかとか。…手を抜いてはいるけど。

まあその、力や手を抜くところは厳選すべきと思うから、差し当たって仕事から抜いていこう。


※2013年の
2/17(日)
高校の図書委員メンバーで飲み会だった。
昼集合で和食ランチ&居酒屋?みたいなところ。

サプライズ発表とかで、メンバーの一人(同学年女子のNさん)が結婚した話を聞く。
(これ自体、年明けに別口で知っちゃってるけど…)


別の女子E「でねでね、まだビックリすることがあるんだよね!」
ぼく(お!おめでたか?“驚きつつも笑顔”的なリアクションの準備を…)
女子E(プロモータ気質)「相手がすごい年上なの、4X歳の人!」
ぼく「へ!?(もはや驚いていいのかすらもわからない)」

スマホで式の写真を見せてもらいつつ「ね?どっちが新郎でどっちがお父さんかわからないでしょ?」とか。



昼夜切り替えのタイミングで店出た。
司書だった方が帰り、次の店(焼鳥)へ。

定番の“串からはずす論争”とかは割愛。


それなりに飲んで浮ついてたんだけど、
女子E「休みの日何してる?」に対して
友人C「自転車乗ったりする」→話はそれなりに盛り上がる

ぼく「軽めの登山とか」→まったく盛り上がらない!のは、まあいいんだけど
女子E「盛り上がらなかったね。」ってなんだよ!デリカシー!

慌てて「ああ、ウソウソ。薄暗い部屋で1人でギャルゲーやってるよ」と軽いジャブ的ジョーク(皆さんドン引き。ムツカチイネ)。


その後、既婚者となった女子Nについて発した
ぼく「…ということは人妻か!グッと来るねえ!!」はウけるので、よくわからない。



女子Sの近況を聞いてる流れから、恋愛相談に乗る感じになる。
男の意見が訊きたい、という名目だった(はず)
女子S「バレンタインチョコ渡せてないんだよね。会う機会もなくて。相手の会社に行って渡すとかも出来るけど」
ぼく「いーじゃん、行けばいいじゃん。『来ちゃった♪』って感じで」
女子S「えぇー?ギャルゲーやりすぎなんじゃないの~?現実世界にはそんな女子は居ないよ!」
ぼく「」

男が言われたい言葉ではいかんのか? とド正論カウンターがあったけど、まあその場でパッと返せずにぁぅぁぅ言ってた。


ひととおり女子Sの相談(という名の、なに?なんだろう?)が終わったところで、友人Yが「お前はどうなの?」と僕に水を向けてきた。


ぼく「会社にかわいい後輩が居るけど、遊びに誘ったら都合がつかないとかで断られた。」
女子S「急に?2人で?それは引く!…でも本当にスケジュールの都合だけかもしれないしまた誘ってみなよ」突然のツンデレである。
ぼく「また断られたら…」
女子S「誘うの、ね?」
ぼく「はい」

あっ、恋バナ。きもちわるい。と俯瞰ビューの自分は言っているがまあ仕方ないでしょう。
相談されて、相談を返す。これがギブアンドテイク。まったく役に立たない(失敬)回答ではあったけど、まあそんなモンだろう。


ちょっとちょっと、それぞれの仕事の話とかもしたけど、これは割愛がいいだろう。場合によっては個人間レベルですまない問題になったりするし。



そんなかんじで楽しく飲んで別れた。日曜夜。ヒェッ…。



2/18(月)
早朝の新幹線で京都に戻り、家で一休みからの出社。
仕事に身が入らない週。

幸い、まだプロジェクト異動後の現状確認あつかいで流す。
一緒にプロジェクトインしたKさんは既にコマンド実験など始めている。立派ですね。

作業待ちが多かったのもあって、なんJ用語wikiなどみて時間つぶした。


2/22(金)
18時ごろで上がり、課の新年会に向かう。
課の人数が多いため、“食べたいもの別”で複数回開催される(部長、課長のみオール参加)。
我々、“チーム・肉”は大阪方面のちょっと高級な焼肉である。

部長が年度一杯で退職されることもあって、そういった話もした。
思えば、僕が各部署をたらい回されていた頃、最後の部署として招いてくれたのがこの部長だったなぁ…とか。
その部署が居心地よくて、働きやすくて。前部署の部長兼専務に嫌われてたのに、この部長は矢面に立って守ってくれたり。
それで初めてまともにプロジェクトに参加したし、名前も残せた。
この調子でやっていけばいいんだ!…と思えていたのに部長退職。
一体この後どうすればいいんですか!?

なんて。
(2012年の)年末に退職話を聞かされて以来、僕はずっと穏やかじゃない状態。
『なるようにしかならない…。』(“なるようになるさ”のネガティブ版)が信条なので、悲観はしてないけど。…実際してないわけじゃなくて、日常の悲観に埋もれる程度の悲観で済んでるけど。


という夜でした。


帰りの電車ではHN先輩、MS先輩と同車。
前のクソ部署から逃げてこれたのはよかったけど、このあとどうなるんだろう…。
うちの部署の解体に伴い、クソ部署に編入とかは勘弁よね…など。



この日の後悔!
“グーを出せばよかった!”

数量限定の和牛握り寿司をかけてのじゃんけんの話。
[PR]
# by kick_me_baby | 2014-05-02 06:03 | 日々のこと

美味しんぼへの評価の変遷:「おもしろい!→えっ、なにこのマンガ…→おもしろい!」

最初読んだときは、初期回とかも含めて面白い。
で、作者の左翼性とかがにじみ出てるのを感じたりして面白くなる時期があって(僕が“ネットで真実を知った”りする時期。ネトウヨ気味になってる)
その後、「ま、それも含めて“味”だな」って言えるようになって来ると、またそれなりに面白くなったりして。


※2013年の
2/14(木)
割と遅くまで残って業務。
預けられ先のまとめ役NJ先輩と話す。

NJさん「どう調子は?人手足りないところに来てもらってありがとうね。」
ぼく「あ、はい。ぼちぼち環境整って、作業入ってますよ。」
作業について少し話してた。今回使うスクリプト言語の癖、Kさんとのコンビでやった前プロジェクトなど。
NJさん「ところできみは、5年後、どうなっていたいとか明確なビジョンを持って仕事してる?」
ぼく「はぇ?えっと…?(なにこの人。急に。ライフハック先輩かな?)」
NJさん「え?ないの!?ダメだよ、ないと。」
ぼく「(急に聞かれても…っていうかまあ、そもそも無いとダメなんだろうな)えーと…」
NJさん「なんかあるでしょ、なんか。ほらほら。
ぼく「(もういいやテキトーテキトー)そうですね、前のプロジェクトでやっていた…今回もですが、スクリプトでの二次的プログラミングとか。社内的にも需要はありそうですし、やっていけたらと。」
NJさん「ふむふむ、5年後は系統の統括マネージャーかな?」
ぼく「…え?はぁ。」
NJさん「よしよし、そこから逆算すると、1年後にはスクリプト分野で一目置かれて無いとね。『スクリプトと言ったら金子だ!』ってね!」
ぼく「(グイグイ来るな、この人)えーと、そうだといいですけど。」
NJさん「ダメダメ、そんな弱腰じゃなくてさ。なるんだ!っていう強い意志をね?」
ぼく「(出た!“引き寄せの法則”的暴論!わー!もういいわ)はい!なります!がんばります!(白目)」
NJさん「お。頼もしいな!よし、じゃあ出来なかったら俺にメシ奢ってな。」
ぼく「へ?なんですか?」
NJさん「実現した場合は、俺が金子くんにメシ奢るから!予算はまあ1万ぐらいでいいよね?」
ぼく「いやいやいやいや…」
NJさん「なるんでしょ?言ったよね?スクリプトの第一人者になるって。なんにも気にせず、なってくれればいいから。」
ぼく「ですけど、」
NJさん「いやー、仕事をがんばる!そんで先輩にいいメシを奢ってもらえる!いいこと尽くめだな!」
ぼく「はあ。」


このひときらい。書き起こしてるだけでおなか痛くなるわ。
なんかパワープレイ的というか、立場を利用して人を追い詰めるのがうまいというか…。

上司の発する「やる気あんのか!?」と同様の圧力。
A.正直に「ありません!」と言う→(どくろマーク)
B.建前の「あります!」と言う→「なるほど、やる気に成果が伴ってないのか。」→(どくろマーク)

僕だって大人だし社会人なので、Bの茶番を甘んじて受けるけど、いらないでしょこのやり取り。「成果を出さないのがムカつく」とハッキリ言ったらどうかね。
ともあれ、この件のNJさんについての対応は保留。まるで僕に(心の底から、本心から、掛け値なしの)やる気があるかのように接されると迷惑この上ない。


2/15(金)
朝。前日の前述のやり取りで気は重かったものの出社、業務開始。
と、社内連絡に使っているIPメッセンジャーに受信。
NJさん「あ、昨日の話ね、ちゃんと覚えてるから。タイマーも一年後にセットしたしね」
ぼく「アッハイ、がんばります…(白目)」
この人…。
この時点で1年スパンの賭けをどうするか決定。踏み倒そう!(←1年後にスクリプト業務の第一人者になるつもりは毛頭ない)
まずはとぼけて、それでも食い下がるなら「そんな賭けが成立する分けないじゃないですか」など。


夕方、実家方面の新幹線乗車。用があって帰省で帰省。



2/16(土)
昼から友人Cと遊ぶ。本来の用はこれではないが。
たまたま関東に行って、たまたま友人も空いてて。
とにかく呼びかけに応じてくれる人がいるのはうれしいものです。

友人がレゲーハード&ソフト処分とのことで、友人宅にホイホイもらいにいく。
基本的には中古買取されなかったものとあって、内容はお察し(当時は最新だった家庭用ビーマニとかいろいろ)。

から、商店街の喫茶店に入る。予定してた店は「店主、同窓会につき休業します」とかで断念。普通の、ただの喫茶店。分煙も甘い…。


店出て、なにするとかどこいくとか、そういうプランも無くてただただ漫然と歩く。
結果、3kmほど歩いてみなとみらいにたどり着いた。ほんと、時間のつぶし方知らないよな。このときは確か「おもしろいTSUTAYAがある」とかで徒歩移動を開始したんだったな。
開けた湾岸地区を歩きながらニンジャスレイヤーの話とかする。楽しい。

「ここの風景の感じとかは、ゼロトレラントサンスイを思わせるよね」とか

「どうにもニンジャネームに“=サン”をつけちゃうんだよね」
「いいんだよ、奥ゆかしくて」とか。


件のTSUTAYA(喫茶店併設)にたどり着いたものの、寒波で非難してきた人たちで満員><
しょぼくれながらうろつき、別の喫茶店に入った。まあ特筆する点も無く。

夜までふらついて友人と一緒にご飯もよかったんだけど。たまの帰省だし実家で食べるよ、と別れた。


帰省のメインは翌日だけど、久々かつ長文になってしまったので分割。
つづく…。
[PR]
# by kick_me_baby | 2014-04-20 06:21 | 日々のこと

嫌いなコピペ:「人生は神ゲーだ」

これ。
人生は神ゲーだ。
本気でがんばるとぎりぎり倒せるように絶妙のバランス調節がされた敵。
単純作業じゃ効率が悪いけど、工夫次第でどんどん効率を上げられる
経験値システム。 リセット不可の緊張感。
でもシレンとかよりずっと死ににくいからあんま気にする必要なし。
つーか普通のゲームでもリセットなんて邪道じゃん。
全てのキャラが深い人間性と歴史を持って登場する、圧倒的リアリティ。
グラフィックが綺麗すぎ。多分、無限×無限ピクセルで、
毎秒無限フレームで動いてる。色も多分無限色使える。
夕焼けとかマジありえねー美しさ。
BGMの種類がほぼ無限。選曲も自由。
自分で作った曲を流すこともできる。
人間が作ったとは思えない、とんでもなく複雑で洗練されたシナリオ。
リアル出産システム採用。自分と、自分よりも大切に思える相手の遺伝子を
半分ずつ受け継いだ、奇跡のようなキャラを生み出して、そいつに自由に
色々教えて育てることができる。 すごく嬉しいし、ちょー楽しい。
食いきれねーほどの種類の料理があって、超うまいものが時々食える。
説明書が無く、仕様が明かされてないから、
自分でデータとって仕様を推測するしかない。
これがまたとんでもなく高度に洗練された仕様になってるっぽくて、
なかなか正確には分からん。
だから、とりあえず大雑把に推定し、それに基づいて行動して、
データを取りつつ徐々に予測値を修正していく必要がある。
これがまた楽しい。
徐々に明らかになっていく世界観。未だに明らかになってない謎が山盛り。
友達と一緒に協力して遊べる。しかも無料。
本気で自分を愛してくれるキャラがいたりする。
ゲーム内で別なゲームやったりアニメ見たり出来る。
登場キャラと本当に心を 通わせることが出来る。
信じがたいほど深い感動を味わえるイベントが結構ある。
もちろん本気でやらないとフラグを無駄にするだけだが。
こんなとてつもない神ゲーを糞ゲーとか言ってる奴は、
本気でこのゲームをやったことがない奴だけ。
まあ、一切がんばらずにクリアできるようなヌルゲーばかりやってる奴には、
このゲームはちょいとハードかもしれんがな。


ほんときらい。現実世界MMORPG説とかは好きだし、そういう皮肉として言ってる分にはよかったんだけど、これを拡散して「感動した!!!!」とか言ってる層が気持ち悪い。
そういう構え方で読むと、
本気でこのゲームをやったことがない奴だけ。のくだりちょっと嫌い。選民意識うっとーしいです。
「4巻まで我慢したら面白くなるんだよー!」っていうオススメマンガとか、
「30分ぐらい我慢が必要だけど、そこからは引き込まれるんだよー!」とかいうシュタインズゲートとか。
ゲームを薦めるときにプレイヤーに民度とか我慢とか“本気でやること”を求めたらダメでしょ、と思う。
1個人に対して薦める文章ならまだしも、全員(全ゲーマー?全国民?この世界にいる全ての人?)に薦めるのにそれはちょっと…ってね。


※2013年の
2/4(月)~
2月から別部署のヘルプに入る。
Kさんと一緒に、っていうのが不安をあおる。
プログラマ不足だそうで、なにしろ非プログラマの文系職がコード組んでる始末。

環境整備と現状把握に努めた。

2/7(木)
電話予約で週末のスノボの予定入れる。
出発の前日でも取れるの素晴らしい。

2/8(金)
夜、退社後一旦帰宅して荷支度。
そのあと、同期APと合流して飲む。
京都駅そばの串カツ屋に行った。

お一人様1本限定の牛串とかがうまい。中がややレアでそれが激うま。
他に変り種なうなぎ(タレつきの蒲焼を揚げたもの)とか、ソースつけるか困惑するけどまたうまい。
ポピュラーな豚、キス、タマネギなんかもちゃんとうまい。そして割と安い。

店を出てから、バスまで時間あるし…とコミックショップに行った。
掘り出し物な機動警察パトレイバー全22巻セット(1000円)とか購入。うれしい。
スノボには行かないAPにお駄賃として500円渡し、預かってもらうことに。

で、いい時間なので別れて京都駅のバスターミナルに。
「○○観光はこちらでーす。」やら
「××ツアーズの受付はこっちです!」やら
「△△ツーリスト、□□行きはこちらでーす。」だの。
なんだか日雇い派遣のバイトの頃を思い出して軽くへこむ。

滞りなく受け付けて、預ける荷物もなく乗車。
週末だし、睡眠不足もたまってるのでそこそこで眠りに付く。寝てる間に目的地に着くお得感素晴らしい!
(とはいえ眠りも浅いので、SAごとや揺れ激しいとかで起きてしまうけど…)

2/9(土)
5時ごろ着。3年前に初めて来たのと同じところ。
最速でボードとブーツをレンタルしてゲレンデに降り立つ。
気分もウキウキしてるので同乗者に話しかけたりなんかしちゃってw

1本2本すべったところでレストハウスに戻ってきて朝食。
鮭と豚汁の定食食べた。ビールもつけちゃって。
また1、2本。
体はあったまってたんだけど、やけに眠くなってしまって(バスでは疲れ取れない、およびビールかなあ)、レストハウスで小一時間休憩、突っ伏して寝る。
(あ、高校のときに教室でよくやってたやつだ!)
再起動。また滑る。
昼食とってまた滑る。
かねての課題だった“脱・木の葉滑り”は叶わず、やはり左にゆっくり右にゆっくり。まだ怖い。もうちょっと…もうちょっとな気がしてるんだけど。

そうそう、痛板は1枚だけ目撃した。アイマスロゴのなんか天使みたいなマークの。
そのさりげなさがとてもCoolだと思った。原色ビカビカの萌えキャラのはちょっとね…。
僕もいつかは自分の板を持って、痛々しくデコレートしたい…そう思っているので、いろいろ思うところはある。

帰りのバスの集合時間より早めに上がって、併設の温泉につかってゆったり。
会社にお土産など買って帰路。

どうぶつの森の釣り大会にも飛び入りで参加、優勝をかっさらう。


京都について、とにかく家でくつろぎたかったから即帰宅。
途中でたこ焼き買う(これはちょっと疑問の残る味。ナンデこれで見せだしたのさ)。
寒い部屋の汚い布団でゆっくりと眠りについた。


2/10(日)
寝起きに、筋肉痛でよろけて枕もとのメガネを踏み壊してしまった。

なぜか腰が痛い。原因不明の腰痛に悩まされ、近所の薬局でシップなど買い占める。
たしかにスノボに行って、ケツを思う様打ち付けたし、普段使わない筋肉もすごく使ったし、無理な姿勢もとったけど…それが原因とは考えづらいなぁ…。

2/11(月)
たいして視力は低くないものの、メガネないと困るのでメガネ屋に。
フレームのレンズはまってる部分だけ直せる?→直せます。フレーム代の半額で承ります。
出てきたメガネは、なぜかテンプルのほうもまっさらになってた。

「あのこれ、横のこの部分も新しくなってます?だいぶ綺麗に…」
「いえ、大丈夫です。クリーニングです。半額で受けてます。」

…?
・本当にクリーニング説(印字も綺麗になってる気がするけど)
・本当は全とっかえだけど、半額でやってくれた説
・そもそもフレームのみ交換は半額説(考えにくい)
よくわからんが、思ったより安くてよかった。


それはそれとして、作業待ちの間に眺めてたら、新しいメガネ欲しくなってしまったので購入。
いままでの四角いクロブチと違って、やや丸い赤いセルフレームにした。
これは女子に掛けさせたいベストメガネです!少しの野望と、イメチェンをかねて。
(店外の照明下ではあまり赤くなくてちょっと残念だが…)


状況打破のためのランニングシューズも購入。
幅広の我足に合うのはイマイチ色(ブラック、申し訳程度のシルバー)。しかもディスカウントされない。
まあ、まあ。
[PR]
# by kick_me_baby | 2014-03-09 07:52 | 日々のこと

急いで更新してる理由:「間に合ったら書きます」

1年スパンの賭けをしていて、その結果を見る前に、その前に賭けの開始を書いておきたいんだ。
間に合うかどうかわからんが。


1/28(月)~
同じフロアにいる後輩女子を遊びに誘う。
はっきり言ってデートの申し込みだ。

「その日は空いてないんです」とのこと。
ぐぬぅ‥。ス、スケジュールで断られてるうちはね、まだ、その、、


2/1(金)
上記なわけで、土曜にあるイベント(脱出ゲーム)のチケットが1枚余ってしまった。
まあいいかあ、とKさんを誘って、一緒に行くことに。


同期AP宅で飲む。
事前に牛丼を入れてあるので、穏やかなペース。
AP「ラーメンあるよ、もらい物だけどわりとうまい」
ぼく「はい食べマース!」からの完成を待たずに寝オチ。


2/2(土)
なんか電話なってて起きる。
どこだここ?
→同期AP宅。
電話?ナンデ?
→Kさんが、待ち合わせに現れない僕を心配して。

急いで飛び出して、タクシーで京都駅へ。
Kさんとは朝食を一緒にとる予定で時間組んでいたので、ひとまずイベントには間に合うはず。


合流。謝罪。大阪へ向かう。
大阪で缶コーンスープ。朝食完了。

最寄り駅から、ちょっと歩くところが今回の会場だったので、颯爽とスマホ取り出す。
ぼく「遅刻してね、ご迷惑をおかけしましたけど、ここからはビシッとエスコートさせていただきますよ!」
→スマホ電池切れ。Kさんのiphoneでナビってもらう。


今回の脱出ゲームは[リアル脱出ゲーム×金田一少年の事件簿「からくり館からの脱出」]
マンガとのコラボイベント。タノシイ!
6人チームのうち、僕以外全員が初めてプレイヤーでかなり厳しい。
途中飽きちゃったのか、座ってボーっとしてるメンバーもいる始末。
やっぱり脱出失敗。無念無念。

こういうケースのときは、指示厨になりさがってでも他のメンバーを導くしかないのか。
ベテランプレイヤーとはいえ、僕もお客さんなのに、そこまでしなきゃいけないのか。
この辺とか、リアル脱出ゲームはお客さんに求めすぎじゃないか?っていう部分だよなあ。


で、昼は「太陽とトマト麺」食べた。
トマトが入ると急にイタリアンぽくなるな。スープパスタって言われるとあんまり食指動かないけど、トマトラーメンだと食べたい!不思議!
大盛にしてチーズと〆ライスまで堪能。さすがに多すぎた。

またポケセンによって(希望のぬいぐるみは売り切れ)、ソフマップのワゴンパラダイス覗いて(積んでて「次やるか!」と思ってたゲームが1400円とかだった。ショック!)、それから京都駅に帰ってきた。

ちょっとお茶でも…と喫茶。
バレンタインメニューのケーキセットを頼む。なんか悔しい…。


で、まあ解散。



2/3(日)
やろうと思って放置していた[女の子と密室にいたら○○しちゃうかもしれない。(3DS)]をやる。
遊んでいるうちに、新品1400円もしかたないなって、思ってしまうのでした。

ポリポリした女の子が割と日常的な場所(教室・部室・お風呂・水着売り場など)に閉じ込められるから、指示を出して、脱出に導くゲーム。
この「指示だし」がポイントで、女の子が閉じ込められてる間、主人公は謎の光点になって(妖精さんと呼ばれる)、女の子との意思疎通は単語レベルのテレパシーのみになる。
「画面上のアレ!あれを調べさせたいのに!」って思ってもそのものの名前がわからないとつらかったり。

脱出ゲームとか好きだからね、買っただけであって、ヒロインキャラが5人も!とか、ポリゴンの女の子を3DSのジャイロ機能を使って眺め回せるとか、その状態からポーズをとらせることが出来るとか、裸眼立体視でおっぱいがバーン!おしりがバーン!とか、そういったことが目的ではない。断じて!
だが女の子はかわいい。

ここがクソ
・全体にもっさりしている
・選んだとおりの女の子のルートに入らない
・ジャイロで眺め回すのと、立体視は相性悪い(ま、このソフトのせいではないが)
・手書き入力の認識が悪すぎて、結局QWERTY配置をポチポチする
・ストーリーは見なかったことにする
・フルプライスで買いました(震え声)

でもまあ、封入特典の[こころが水着に着替えたら。(DL版ソフト)]もお得感あるし、
スピンオフの[女家庭教師 伊都香先生と密室にいたら○○しちゃうかもしれない。]も800円なら相当お得な部類。ていうか、登場キャラがかぶってるだけで何の関連性もないから、これだけ買ってもいいと思う。

なんだかんだ言ってたっぷり楽しんでたなあ、俺。


今(2014年2月)調べたら、アマゾンですら1500円切ってて、しかも初回封入特典付き…!
やっぱり悔しい…。
[PR]
# by kick_me_baby | 2014-02-08 05:37 | 日々のこと