フローレンス金子の今週の貴方

ブログトップ

そういえばそうだ:「説得してくる人が大嫌い」

生き方レベルでご教授くださる方なんか特に。
僕は超個人主義的なところがあって、人が好みでやってることにはどうこう言う気はなくて。
その代わり、自分が好みでやってることについて、とやかく言われるともう…もう!


※2013年の
1/21(月)~
隙間作業をしつつ、“学習”。みたいなわけのわからん状況だったが、新たな仕事の予定が入る。
なんでも2月から別部署にレンタル移籍の形を取って、そっちのプロジェクトの手伝いだそうで。
Kさんとバーターで。
っていうのが最大限の不安要素っていうかなんていうか。

人の特性を見極めるのは大事で、Kさんは
・正確に動作するモジュールを作る
・ただし、指定項目が多過ぎてクッソ使いづらい
・(親切心から)自分の作ったモジュールを薦めてくる
「ここは特殊ケースなので、モジュール通さずに作ります」と言っても
 「モジュール内に、その場合用のフラグが用意してあるで」とかいう。気が利く

まあ対応策も見えてて、この場合は
・自分のいいようにモジュールを用意しておく、先回りで
(それが出来たら苦労しないが。)

ていうか厳密な会社なら、モジュールの1個1個について
・誰が作るか
・機能(どんな引数を、どういう計算を通して、どういう返り値にするか)
・期日
のレベルで割り振る人がいるんじゃないのかね。世に言うSE。
うちの会社、たぶんそういう常識とは外れたところで働いてるから…。


1/26(土)
友人C来る。
脱出ゲームのために関東から。
待ち合わせの新大阪に向かうため、京都駅へ。
京都駅で財布を忘れたことに気づく。家まで往復で30分+。
わぁわぁ!あれでもない!これでもない!と鞄あさる。
創立XX周年記念ボーナスが出てきた。勤続年数*5000もらったやつ。
(を、鞄に入れて1年強寝かせていた。俺…!)

間抜けな自分に感謝しつつ、1万5000円を放置できる無頓着さに我ながら引きつつ新大阪へ。


ちょっと遅れたけど合流できて、
「待ち合わせでよく使うし、新大阪はもう極めたよな!俺たち」とのことで、
次の予定の乗り換え地、心斎橋のあたりに出て昼ごはんにする。
寂れたファッションビル?地下街で、寂れた定食屋(夜は居酒屋)でランチ。
可もなく。
しいて言うなら、孤独のグルメっぽい!だけが利点。

飯後移動。
海遊館でSCRAPコラボの謎解きゲーム。
普段来ないとこに来れるので、コラボゲーはちょっとうれしい。

謎自体はウォーミングアップというか、ファミリー向けの誰でも解けそうなもんだったけど。


それから梅田に移動、時間あったのでポケセンへ。
たしか[エルフーンみがわりぬいぐるみ]が欲しかったんだけど、人気過ぎて売り切れ、手に入らなかったんじゃないかな。

で、カフェーでカフェタイム。
ワッフルとコーヒーなど。


HEPHALLへ移動。
[眠れる森からの脱出]に参加。
問題の難度はだいぶ低かったので、楽にクリアできた。
問題の整合性とか、飛躍度は抑えられていて(だから簡単なのもあるけど)、その分まとまっていた綺麗な良問だとおもった(クリアできた場合良問とする風潮、Noだね!)。

チーム内僕を除く4人だか5人だか、全員女性で上がる。
本名ネタで軽くいじられてまあうれしい。

そのあと、何の活動的発展もなく解散。
別テーブルのチームに割り振られていた友人と合流からの夕飯。


居酒屋に行った。特別な割引がつかえるんだよねー^^と…財布を……。
財布を持っていない!
財布が、いつも入れてるはずのケツポケットにない!!いつからだ???
<白黒、あるいはセピア、または明度をやや下げた映像によるフラッシュバック>
(喫茶店・ケツポケットに直に入れた現金をだしつつ)「小銭うっとうしいよなー」

(駅改札・券売機に向かいつつ)「ICカードないのって、こんなに不便だったのなー」

(新大阪・待ち合わせ場所で苦笑いしつつ)「ごめんごめん、財布忘れて遅くなったわ」

(京都駅・ケツポケットをまさぐり)「あっ」
(自宅・定位置の財布にズームインしつつ)「あー、そろそろでないとやばい!」ガチャ、バターン!!


そして!割引に必要な券が!普段なら財布に入ってる券が!!手元にない…!!!
こいつは参ったね。死を覚悟したね。

まあ結局、何のことはなく、鞄に入ってた別の券が使えたんだけど。
この割引は使いたかったので、ちょっとうれしかった。



そのあと、我が家へ招待。
WiiUの[ニンテンドーランド]やってた。
ゼルダのアトラクションを重点的に攻めた。結局ラストまではクリアできなかったけど、2人でやるとこんなに楽しいゲームだったんですね…。



1/27(日)
昼ちょい前に起きて行動。
観光するほどの時間もないので、ボロニアパンを買いに行く←??!?!!??!??

昼は京都駅の駅ビルでイタリアン。我々御用達店での食事。
カップルセットだかなんだかいう、
・サラダ2皿
・パスタorリゾット2皿(自由選択)
・ピッツァ(自由選択)
・小皿料理2皿(自由選択)
・ドルチェ
で1人1800円ぐらいの最強メニュー頼んだ。

小皿メニュー群の中で、値段が頭ひとつ高いという理由で焼カマンベールを選ぶ小市民ぶり。
もう片方が鰯の煮たヤツだったか、トマトが利いててうまかった。
生パスタとはいうけど、そこまで生っぽさは感じない…がうまい!
ピッツァも薄い生地でパリパリかつモチモチという、もう勝ち目無いぐらい強い。うまい!

もううまいしか書いてない、とにかく強い。
デートのときは使おう(なお、…)


ご飯後、ややゆったりの時間で友人を送り出せてよし。


で、買い物して帰宅。
人が帰ったあとの我が家はいつも寂しい…。
ボロニアパンにゆで卵&サラミのミンチとチーズ掛けてトーストして食う。
どっかのブログで見かけた食べ方だけど、最高。
元のパンの包容力が低いと成り立たないコンボ!
ワインをビシバシ入れる。
[PR]
# by kick_me_baby | 2014-02-06 06:25 | 日々のこと

洒落怖で“ないわー”と思ったこと:「彼女の趣味がアナグラムなんだけど」

体験談系の怖い話まとめなのに、急に創作臭しちゃうのはNG。

リンフォン
まじめに、(これは体験談で実話だ…)と自分に言い聞かせて読もうと思っても、いくつも暗示が解けてしまう箇所がある。
創作ホラー短編です。って最初から言え!的な気分にもなる。

ヤマノケ
ヤマノケはマジやだ。こわい。
おい、続きは…?ってなるのも後味が悪くてポイント高い。

ホラーに関しては謎や伏線は全部全部回収しないほうがよさそうだな。


※2013年の
1/7(月)~
新年業務開始!にもかかわらず絶不調。
熱があってボーっとする。
恒例の朝礼があるので出ないわけにもいかず、無理くり出社。

寒気に耐え切れず、マフラー・マスク・ニット帽等を全部装備していたのでかなり不審がられる。
同僚「いつも半そでTシャツなのにどうしたの?体調悪いの」
ぼく「見りゃわかんだろ(ええ、ちょっと熱っぽくて…)」

コアタイムだけ埋めて退社、近所の医院に。
インフル検査を希望したものの、「ないないw」といった感じでやってもらえず。

1/8(火)
更に熱出て休む。再度医院。
今度こそインフル検査してもらい、インフルエンザだったことが確定した。
(この藪が)と思うも、悪態をつく気力もなく。
ポカリ、レトルトかゆなど買って帰宅。

~1/14(月)
結果、年明けて1日出勤したと思ったらスムーズに7連休。
有休消化ダービー、今年も完走の勢いです。


1/15(火)~
やっと出社。
ようやく年明けた感じ。
周囲からの腫れ物感が心苦しい。
またシャナニーの日々ですわ。


1/19(土)
昼過ぎに映画見に行く。

まずは[LOOPER]
タイムトラベル物?というには時空跳躍をもてあましている。
アクションがさえるでもなく。話は暗く。
ちょっとSF的考証の余地があるか?

まあタイムトラベル物に限らず、SFとかファンタジーとかだと、作品独自のルール!って言い張られたらもう終わり。「あ、はい」と甘んじるのみ。


夕飯をはさんで[TED]
子供が大事にしているテディベアに生命が宿ったら…という夢あふれるテーマからの
それから20年ほどの時が経過したら…という泥沼のような現実。

とにかく馬鹿げてて下品!最高!!
字幕監修かなんかを町山智浩がやってて、スラングも丁寧に訳している(んだろう)。
字幕版で見たけど、吹き替え版の熊の声は有吉だっていうし、ちょっと興味ある。



1/20(日)
カルーアチキンとかいうお手軽料理を知り、実践。

1.キャベツを何枚か炊飯器に敷く
2.そこに鶏もも肉を入れる(切る必要すらない)
3.再度キャベツ、塩コショウ
4.炊飯スイッチ押す

これだけ。あとは時間が解決してくれるさ。
煮込まれたキャベツがうまい。


注文品のテレビ台が届いたので組む。
台の中にゲーム機やレコーダー、ホットなゲームを何本か保管できるのでよい。
立体的に収納することで部屋が片付いた気分になる!!
[PR]
# by kick_me_baby | 2014-02-05 05:09 | 日々のこと

誤解されやすい:「ああいや、怒ってるわけじゃないんだ」

モノ(人物、出来事、作品)に対する感想や意見が、原則マイナス視点で批判的なのがよくない…っていうのはわかってるつもりなんだけどね。
ツッコミ(のつもり)だったり逆転裁判のようなゲーム性のある追及(のつもり)だったりして、「うまいこと論破できるゾ」とかいうときに、テンション揚げてまくし立てちゃったりするのがよくないんだよね。知ってる。
いわゆる「モテないやつってさ、なんでも否定から入るよね~」みたいな。知ってる。



1/3(木)
高校の友達と新年会(参加人数5人(僕、友人Y,M,C,N))。
何年か前に来た焼肉食べ放題。

前に来たときは
・火力が弱い
・ビールがぬるい
・友人yが人数分のライス大を頼んじゃう
などの問題があった店なんだけど、全部改善されてた。前回の出目が悪かっただけかも知れないね。

加熱済みユッケとか食ったけど、まあ、その、まあ、うまいものじゃないよね…っていう。
ビビンバや冷麺も、まーそこそこ、安定の65点というか。


そのあと、1人(Y)帰って1人(y)増えてカラオケへ。
道すがら、yの話聞く。
友人y「上司に飲みに連れてかれたらセクキャバで参っちゃったよ~」だの。
友人y「さっきまで家族と一緒だったんだけど、妹連れてきたほうがよかった? おまえ妹キャラとかすきだったよな?」だの。
友人y「そういやさ、N(同じ高校の女子、図書委員)がさ、結婚するらしいんだわぁ」だの。

どの話もそれなりに引きがあるな。割と会話上手の感がある…ん?
あ、Nさん結婚するのか。思わぬところから図書委員の会のネタバレを喰らったぞww、とか思う。


そんでカラオケ。カラ鉄でボカロキャンペーンだかをやっていて、ボカロ曲をリストアップしたシートのようなものが置いてあった。
友人y「よし、とりあえず全部入れとくわ、任せとけ!」とかいう。
ぼく「おいふざけんな、俺はボカロ興味ねえよ」
・リモコンを奪い取るも、予約上限一杯で僕の曲は入れられない
ぼく「おまえなあ…」とかいいつつ、PSP取り出して勇なまはじめた。

しばらくして曲をちょっと消化したか?というころ、僕の曲を入れようとリモコンを取る。
→また予約上限で入れられない。さっきとは違うボカロ曲で予約リストはパンパン!
ぼく「おいてめえふざけんな、その都度その都度で予約足してんじゃねえよ、おい」とはいえ、まあまあ、とこらえて勇なま。エレメント地獄。

途中、yの注文したハニートーストとか来るけど、歌ってる間に食い尽くすとかする。
やっとボカロ地獄が終わり、俺のターン!
僕ともう1人、Cはボカロ興味なくゲームに没頭してた組なので、ここは交互に入れる。
歌いながら間奏中に追加したりして、スタック積みまくる…いやこの場合、キューが適切か。

ジョジョのOP曲(Full)を入れたつもりが間違って(TV-size)だったので、まあいいやとFullも予約。
でまあ、こんなときに限ってカラ鉄特有のアレ。予約順シャッフルが起こる。
仕組みはわからないけど、キャリア別の回線混雑か何かだと思う。
TV-sizeの直後にFullを歌う羽目になる。
このときyが「あっ」っていう顔を、「人には厳しく言う割には、ご自分は2曲連続ですか、それも同じ曲を」って言う顔をしていたのが、とてもとても怒りに触れた…が、後半に関しては被害妄想だろうからまあスルーする。

それからまた5人カラオケ状態が復帰して
友人y「会社の先輩に確実にウける曲があんのよ、カラオケのたびに“おいy、アレ歌えよ”って言われるのが…」と。
そのハードルの揚げ方から、[男女/太郎]が出てくるとは思わなかった。今更。
しかも大事な大事な「♪男女男男女男女」のところを噛むたぁ。

あとはまあ、このメンバーのカラオケもループがちだから、新規イベントは薄い。


夜明け、「俺ハニートーストくってねえんだけど。」というyに、
「ぼくしらないよ、甘くてサクサクのハニートーストなんて……迷惑料(ボソッ」など。


1/4(金)
夜確かたぶんこの日、おうちで餃子食べる。
鍋奉行(ただし出すのは口だけ)の父は餃子の焼き方にもあれこれ指示を出す。
高齢のためか焼くときの油を減らす方針のようで、これがパリッとしてない…と不評。

まあそれなりにはうまいけど…。


食後しばらく後、急な寒気を感じて吐きかける。
もう少しで危ないやつだった。食べすぎ?飲みすぎ?胃の疲れ?
とりあえず原因は不明。寒気は続行。


1/5(土)
特に何もない、はず。
穏やかにすごした、はず。
弟のマンガ読んだかな[四月は君の嘘]、[式の前日]等。


1/6(日)
京都に戻る。
たまには崎陽軒。変化球に炒飯弁当。
シウマイ個数物足りないので、ポケットシウマイ追加で。これでかつる!


長く楽しかった正月休み終わってしまう。
明日から仕事と思うだけでつらいつらいつらい。
心なしか体調も悪く、だるくなってきたような。
[PR]
# by kick_me_baby | 2014-02-04 05:10 | 日々のこと

困るよね:「(このタイトルの日記って書いたっけ?まだだっけ?)ってなるやつ」

目に付いたイラつくこととか嫌なこととかを拾って日記タイトルにしてると、起こる現象。
対処法…うーん。
1.書く前に過去ログを参照する
2.日常の愚痴を日記タイトルにしない
3.日記を書くのを辞める

…うーん。

※2012年の
12/25(火)~
ラストスパート!!!
晩飯時にいつもどおり外出、それからホームセンターに寄り道。
壊れかけのスーツケース補修のため、ねじ購入。
買ってから5年目になる旅行かばんだし、帰省ごとに重荷を往復させたりしてるので、本当は限界きてるんだろうけど。

ホームセンターのねじコーナーにある、ねじスケール。
各サイズのねじ穴が空いてて、手持ちのねじを捻じ込むことでサイズが測れるヤツ。
あれ考えた人マジ天才だな、と思う。かなり便利。かなり有能。


12/28(金)
仕事納め&ダッシュ。
新幹線にダッシュ。
20時前後に売れ残ってることでおなじみの柿の葉寿司を買いつつダッシュ。
酒を飲みつつダッシュ。

12/29(土)
実家。
積んでた[レイトン教授vs逆転裁判]など。
真宵ちゃん!真宵ちゃん!!真宵ちゃんが動いてる!!!
逆転裁判3以来、画像ですら登場してなかったからかなり久しぶり。
しかもポリポリと立体!3DSで立体視!!意外と胸ある!!!

全体ストーリーはまあ、まあ…。
原則レイトンさんサイドを立てすぎなのが気になったのと、レイトンが現代人(少なくともなるほどくんたちと同時代)扱いなことに驚く。
これは今回だけなのか?パラレル?オマツリ??


12/30(日)
大学の部活仲間とアウトロー会(大人数の部活において、中心にいなかったメンバーで構成されるシュチニクリン・パーティ)。

このときは5人(僕、友人m,W,s,a)参加だったか。
定例通り、安定の中華バイキング。
(店を冒険して叩かれるのは嫌なんじゃ~)

からの、ファミレススイーツ。
2014年1月の僕としては、この会は3回前に当たるので、ほぼまったく思い出せない。

Sから中国土産のジャスミン茶をもらったこととか、
Sと一緒に帰るときに、神田でトイレに寄ったとかは思い出せるんだけど。

周回イベントと過去記憶の限界はこの辺かなーとおもう。


12/31(月)
飲んで帰って寝て、の朝。
9時過ぎに起こされる。
母「とりあえずご飯食べちゃってよ、その後また寝たらいいし」
ぼく「ふぁーー。はい、起きまふ…」

<朝食後>
母「はい、ご飯食べたね。じゃあまずこの雑巾を絞って。」
ぼく「えっ、えっ??!??!?!??」
母「寝てられる訳ないでしょ、この忙しいときに!あとはパパの指示を聞くこと、いい?」
ぼく「……」

なぜか大掃除させらる。京都の自室なんて半ばゴミ屋敷なのに、実家の掃除をやらされる。

まあしばらくして、父からの指示待ち状態中に、腕組みをしながら母を睨むことで無言の抗議。
結果自由を勝ち取り、遅ればせながら二度寝する。

で、17時。
いい時間だから起きるべ…。


年越し時はどうぶつの森で、会社の先輩の村に行ってました。
その村の時計がちょっと進んでて、2012.12.31.23:56とかに2013年を迎えてしまったのでなんか悔しい。
こんな気持ちは、あの年―2000年を迎えるときだったか?―の電波少年にやられて以来だ。


※2013年の
1/1(火)
だらだらとしてたはず。
シフト勤務の弟に合わせて、昼ごろ御節食べたんだったかなあ。

新年メールとか来る。
高校の図書委員仲間女子から
「今度会合やりましょう!参加者の一人から、サプライズな発表があります!」など。まあ結婚あたりだろうなあ、と。


1/2(水)
親戚が我が家に来て新年会する。
退屈だから3DSでできるファミコン版マリオを提供して、従弟間で時間つぶす。意外とワールド8がクリアできない。
また、PSPで初代勇なまなどプレイ。見せてもそこそこ楽しめるので、話題のない新年会などにオススメ。



翌日分ちょっと長いし、ここで分断、ログ締めまーす。
[PR]
# by kick_me_baby | 2014-01-31 04:14 | 日々のこと

頭の痛くなる話:「1年以上前の日記に最新ネットスラングは登場していいの?わるいの?問題」

なんかタイムパラドックスを感じる。…いや、現代語訳なのか?
そもそもそんな昔の日記を書いてるほうが悪いんだけどさ。
面白かったりイベント性のある日だけつけるパターンとかも考えはしたけど、僕がログ厨だから「忘れちゃったらもったいない!」的発想でやってる。
それに、面白い日だけ切り取っていったら、あとに残された、あの、クソみたいな日々の、俺がかわいそうじゃないですか!

そんなわけでジワジワ離されつつ、過去の日記を更新する。2014年はもうちょっとがんばろう。

あとはできるだけ当時知ってた情報だけで書くようにしてるけど、その後のことを知ってると薄ら寒いことが起こる。これは仕方ない。
プロ野球ファンとかではないので「今年こそがんばれ!泥縄セキュリティーズ!!」とか、そんなことを書くことがないのは救いだ。


※2012年の
12/17(月)~
まだ前プロジェクトの残されメンバーとして継続業務。
1日1回のビルドを行い、海外サーバーに提出する日々。

その傍らで勉強と称して、大先輩Kさんの担当してたモジュールを組んでみる。
Kさんのコードも見てみるけど、いわば“整ったクソ”、とにかく読みづらい。
バグが出ても基本、本人以外には直せないように出来てて、開発当時は困ったものだったなあ。

さして仕事がないのでシャナニー状態であった。


12/21(金)
HN先輩、CI先輩にゲーム会に誘われる。
なんでも、Kさんが用事で来ないからだとか。

ファミレスで夕飯→そこで3DS広げてピコピコという。
これ自体僕は気がとがめるけど、許容されてるらしいし空いてるから…と。
サラダバーとスープバーとカレーバー(?)を連打しつつどうぶつの森にこうじた。
(※こうじたって言葉ないのかな? 楽しんだとか、その程度のつもりで使ったけど)

帰りは結構土砂降りの雨だったけど、ジャケットのフードだけかぶってチャリ移動。
セブンイレブンでどうぶつの森の配信家具ゲット。

※その後、週1で開かれるというこの会に、レギュラーでのお誘いはされていない模様。


12/22(土)
ワインなど飲んでゆっくりすごす。
酸化防止剤入ってないやつが飲みやすくていいね!
なお、ワイン界隈では嘘ワインと馬鹿にされている模様。

12/23(日)
関東の友人Yが遊びに来る。
なんでも名古屋で握手会があるから、ついでに…と。

昼前に京都駅で落ち合って、何するか話した。
ぼく「どうする?観光でもする?」
友人Y「そうねえ、どこかある?」
ぼく「……ぁ、ぁ、あ…(京都を案内できるほど知らない)」
友人Y「そうだ、映画見ようぜ、映画!あるいはカラオケ!」
ぼく「うん!」

でまあ本当に見たい興味のある映画なんて特になくって。
・レミゼラブル
・フランケンウイニー
・007
の、やや見たい程度の三択。時間の都合で007に。

[007 スカイフォール]見た。
・実は映画の007見るの初めて。64のしか知らなかったw
・ちょっと経ってから流れるOPのムービーがシャレオツ。
・007が大ベテランのロートルのスパイで、半ば老害扱いされてるのが悲しい…。
・スマートでクールなはずの007が、なんだか泥臭い戦いをしていて悲しい…。
・スパイ道具エンジニアのフランス人ぽい青年がイケメン!
・入り口でくれるポスターを終演後、劇場内のゴミ箱にダンクする友人にうわぁ…。

劇場でてからは“原作の64版とだいぶ違うねー、でも死亡時の曲をアレンジしたテーマソングはかっこよかった!”などの冗談で盛り上がる。


夜過ぎまでいるという友人と、せっかくだしクリスマスっぽいことをする。
・鶏の丸焼き
・31のアイスケーキ
買って、自宅で食べた。

d0054762_1543043.jpg
・プライベートショット過ぎてなんだかいたたまれない。
・部屋が汚すぎてなんだかいたたまれない。

鶏の時点で結構量があって、アイスケーキなどは無理に食べた形になる。


それで23時まわってだったか、パーティは終わり。
友人を京都駅まで送ってバイバイ。


12/24(月)
三連休三日目。
せっかくイブだし、何かクリスマスっぽいことをしよう!
…独りで。

d0054762_20064.jpg
クリスマスオードブルいろいろ。
ただ、独りなのにちゃんとクリスマスやると死にたくなるね!
前日にパーティちゃんとやったから、イブまでやらなくてもよかったのに!

悲しみに夜はくれた。
Merry Christmas!!
[PR]
# by kick_me_baby | 2014-01-13 02:06 | 日々のこと

たまに思う:「脳の時間を知覚する部分が、壊れているのでは?」

主に時間に対する意識の低さ、について指摘されると思う。
大概仕事の遅さについてなんだけど、詳細に書くと思い出しリスカをしてしまうので割愛。

※2012年の
12/10(月)~
せっかくHMD買ったんだし、なにか3Dのもの見たいな~と物色。
なんか欲しくなるようなものもないし、体験版でお茶を濁す。
[タイムリープ(PS3)]をダウンロードした。

本当はもっとずっと前にPCで出てたエロゲーで、「おっ、時間跳躍モノか」と思ってたんだけどスルーしてた。
体験版をダウンロードしたとはいえ、この後いつか、もしかしたらやるかもしれないゲームだし…と、本編には手を出さない。
で、PC時にも付いていたベンチマークを見る。

二人の女の子、歩とあゆみがなんか主題歌っぽいものを歌いながら踊る。
3D描画のテストのために、背景変更や光源や降雪・桜吹雪など設定できる。
他には衣装変更(制服、水着、メイド服など)があるけど、これもきっとベンチマークのためなんだろう。

とりあえず立体視を感じることが出来たので満足した。


それからマンガ[デンキ街の本屋さん/水あさと]読んだ。
キャラかわいいし、ギャグもおもしろいので楽しい。
作者についてググってたら、一個誤解してたことに気づかされてビックリ。



12/15(土)
だらだら。
布団に包まりながらロボティクスノーツをプレイ。
初起動はもっとずっと前だった気がするけど、だいぶん放置してたなあ。

ゴミ溜めのような部屋で、薄汚れた布団で、枕元に酒を置いて、HMDでゲームに没頭する。
望んでいた未来は、もう少し先みたいです。

装着しながら手探りでワインをコップに。
当然こぼす。布団は紫に。
Fuck!HMDが透過型、あるいは外部の映像を見るメインカメラがあれば、こんなことには…。
どこで間違ってしまったんだろう…。


12/16(日)
朝。投票日。
夜を越えてプレイしていたので、まだ起きてた。
せっかくなのでファーストロッターやってきた。

近所の小学校に堂々と忍び込み、おはようございます!元気よく。
噂に聞いたとおり、空っぽの鉄の箱を見せられ「空でしたよ証明書」にサイン。
その後は普通の投票と同じ。
支持政党の「甘党」、支持候補者「天衣みつ」に投じる。


帰宅後昼まで寝て、ラーメン食べに行き、帰ってまた寝た。ヒドイ!
[PR]
# by kick_me_baby | 2014-01-12 05:32 | 日々のこと

なるべく、意識して使わない言葉:「キモオタ、(非オタを指して)パンピー、ヤロー」

どれもオタクの皆さんしか使ってないことを思うと、使わないのが無難なことに気づく。
ほら、僕ってオタクとかじゃないしね!

※2012年の
11/26(月)
ボーナスでた。
大き目のプロジェクトに参加してたので、おおい!
(製品が出てなくてもなぜか前借で出るのだ…不思議。)

11/30(金)
少し早いけど忘年会。
業績がよかったとかで泊りがけで!
温泉旅館ですわ。

宴会で社内結婚の婚約を発表した先輩女子がいたんだけど、なぜか周囲の人に、相手が僕だと勘違いされていた模様。
…これはモテエピソードにカウントさせていただくことにする。

宴会終了後、後輩に管を巻く(人事担当者ちゃんが隣にいるのに!)。
ぼく「いやね、ぼく、後輩ちゃんに嫉妬してたんだよね。入社後しばらく、実働的なプロジェクトに配備されなかったりしてさ」
後輩「いやー、まあたまたまっていうか」
ぼく「いやいや、うらやましい、妬ましい。僕なんて入社後3年は部署たらい回しよ」
後輩「あー…(困っている様子)。で、でも金子さんはあの、大プロジェクトですし」
ぼく「まーねー(まんざらでもない様子)」
たちの悪い先輩!


ぼく「(人事担当者ちゃんに向けて)あーあの、いまぼく、割とがんばれてます。やりがいを持って働けてますよ」
人事ちゃん「うん、いやぁ君のことがずっと心配だったからねえ」
ぼく「へへへ、そうですかw(心配されている自覚はあった)」


それから、どっかの部屋でぼんやりを経由して夜食ラーメンに行った。
チャーシュー麺wさすがに満腹感を感じて、チャーシューを2枚先輩にあげたw


12/1(土)
忘年会終わりからのバス移動で昼前に京都駅解散。
大先輩社員の開催するボウリング大会に参加する予定だったけど、参加者がグロッキーだったり、時間が早すぎたりで流会。


なんか映画に行こうとしてるグループに飛び入りで合流。
何の映画を見に行くのかと思ったらこの時点でもう2回見てる[ヱヴァQ]wwww

…でも行くけどwwwww
映画、初見の人も交えて見る。
今回はさすがに新発見はなかった、と思う。
前日に婚約を発表した先輩「(巨神兵にでてきた)あの犬なんなの?ぬいぐるみ??」とかw


その後、夜まで家でぼんやりして出発。ボウリング行きたかった組で飲み会になった。
焼鳥。日本酒とともに。
酒粕ラーメンなんか食うのもうまかった。



12/2(日)
ボーナスが出た!という思いで、封筒を握り締めてヨドバシへダッシュ!
(当然ながら銀行振込みである)

ということで買ってやった!!前々から買いたかったんだ!!
sony製のヘッドマウントディスプレイHMZ-T2!!!
それと、自転車。ゴツい黒いママチャリ。たくましい。

ボーナスを超えることはなかったけど、1日で10万たあ…。


HMZ、大変没入感はあるのですが、ケーブルが硬く取り回ししづらいのが難点。
装着がうまく行ったときの没入感、確かにいいのですが、ちょっとでもずれるともう「ぅぁぁ」状態というのもつらい。
また、ケーブルをゴーグル部分からはずすことが出来ないので、ケーブルから解き放たれてトイレにたつことならぬのが残念。無論、ケーブルから解き放たれた場合、トイレには目隠し状態で行くことになるんだけど、“装着ばっちり”には時間かかるのでそっちの方がマシなのだ…。

目に対するスライド調節機構が、片目ずつ独立してるのは大変結構!


12/3(月)~
ある意味で、これまでずっとやってきたプロジェクトが完結した週。
うちの会社にとっての取引先を経由して、一般ユーザーの目にさらされることになった週。
少し感慨深かった。

12/7(金)
同期APと飲む。
これまでの僕の、くすぶっている生活を、言わばダークサイド・ザ・金子を知っているAPが、僕の担当ソフトウェアのリリースを一緒に祝ってくれた。
それがとてもうれしくて、楽しい酒だった。

12/8(土)
WiiU発売日。
確か9時には起きていたので、京都駅前のヨドバシまで買いに行く。
→クロ(WiiUプレミアム)は売り切れ。
悔しさからマリオ購入「本体が買えたのに、マリオがない…みたいな思いをしやがれ…!」というあまりに性格の悪い行動。

京都駅にもう一軒ある電器屋のビックカメラに行く。
→クロあった。
クロ購入、それからニンテンドーランドというソフトも購入。


そんで帰宅、二度寝。
午前中に一仕事終えての二度寝は気持ちいいんだよね。


12/9(日)
家でだらだらして過ごした。
しかもWiiUやらず!
さらにHMZ使わず!
[PR]
# by kick_me_baby | 2014-01-01 01:59 | 日々のこと

僕がライブイベントに行かなくなった理由:「一番よく聞こえる声が真後ろのオタの声だから」

この理由は40代、事務のおばちゃんにも理解を得られたようだった。
たしか、2011年の忘年会で同席して
事務「昔はねえ、その年の新入社員によるかくし芸とか、あったものよ」
ぼく「そうなんですか」
事務「女装して、アイドルのカラオケとかを」
ぼく「ふぇぇ…」
事務「そういえばアンタ、AKBとか聴くの?テレビで握手会の様子流れ取ったで」
ぼく「いやあ、興味ないっスねえ」
事務「ライブとか行かへんの?AKBじゃなくても」
ぼく「あー…学生の頃とかは声優のライブ行きましたよ」
事務「声優。オタクやん!」
ぼく「フヒヒ…まぁ…」
事務「じゃああれ?親衛隊みたいに、手拍子とか掛け声とか」
ぼく「(やや古いな)まあやってましたけど」
事務「でも今は行けへんの?関西ではあまりやらないとか?」
ぼく「いえ、そのー。ですね、掛け声がうるさすぎてヤになっちゃったんですよね~」
事務「うん?」
ぼく「僕は声優の歌が聴きたくてライブに行ったはずなのに、後ろでワァワァ言ってる男の声が一番よく聞こえて。」
ぼく「もうライブ 意味ねーなーなんて。」
事務「あー、でもわかるわぁ。アタシも昔は郷ひろみのショーとか行っててん。でも、少し上の世代のファンのお姉さま方がうるさくて…」

この話(ライブイベント敬遠の経緯)はもうしてる気はする。謎定期。


※2012年の
11/19(月)
二日酔いで休むwwwwwwww
ピザとかとって食うwwwwwww


11/23(金)
祝日。
昼出発で煮干ラーメン食べた。普段の店とは違い、繁華街のFC系列店。
普段の店のほうが味悪くなってると感じる中、相対的にこの店のほうがうまい。
野菜をマシたときの尺度が普段店より格段に多いので注意が必要。

先週に続き、またエヴァの映画みた。
え、あれがこうなって、そうなって、うわああああ!!と、何かを気づいたような錯覚。
やっぱりぃ、巨神兵てぇーいらなくないですかぁ?


その後、常設のリアル脱出ゲームに行った。
よく行くイベントタイプと違って、貸し会議室ぐらいの部屋で謎解く。
一定の期間、ほぼ毎日同じ公演をやっているので、チケットもそこそこ取りやすくよい。

ただ、公演開始にちょっとだけ遅刻してしまって、ゲーム開始前のルール説明中に登場。
まあルールはほぼ毎回共通なので、ある程度問題ない…が、登場タイミングがなんていうか、トリックスター的で・フィクサー的で・何か知ってることを匂わせつつ中盤で死ぬやつ的で、少し愉快だった。

一応クリア。“ギリクリア出来そうなのに、時間がちょっと足りない”状況に対し、現場判断で甘くしてくれた模様。


11/24・25(土日)
クッソだらだら。
ちゃんと外出もした。煮干ラーメンを食べに。
三日連続。そういう実績を解除したと思おう。

このあたりの時期、ツナ缶のタイカレー味にはまる。
100円ローソンで売ってるやつ。
存外本格派でうまいんだ。
そのままでもいいし、タマネギを足してチンしたり、冷凍うどん(解凍済み)に掛けてもいい。
最高だぜ!
[PR]
# by kick_me_baby | 2013-12-28 05:25 | 日々のこと

旧劇場版エヴァで納得いかないこと:「『笑えばいいと思うよ』の後の表情がかわいくなってる」

TV版のときのあの、不細工な笑顔はどうした!
「これはさあ、不器用な女の子の綾波の精一杯の笑顔なんだよねえ」なんてドヤ顔で言ってたのが恥ずかしくなるレベル。

※2012年の
11/17(土)
不思議と朝に起きたので、公開初日の[ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q]を見に行くことにする。
が、朝の回売り切れ!次も売り切れ!その次ぐらいのクソ席を予約!

で、吉牛で定食食べて帰ってきた。
昼まで一眠りするか…。
→映画が始まる5分前ぐらいに目を覚ます、当然間に合わない。
「あんなクソ席で見るぐらいなら、いっそこの方が…!」
ネットで空席照会→レイトのややクソ席が空いてたので予約。

夜、今度は寝過ごさずに劇場に行った。

感想
・[巨神兵東京に現わる]はいらない、なんで併映した。事前に知ってたからよかったものの、知らなかったら一旦出てタイトル確認するとこだぞ。
・??????。前作はどうした、あの後どうなった?
・映像はいい。
・沢城みゆきはいい。近年、セクシーお姉さん系ばっかだったから久々に少女役な感じ。
・新設定出てきた?呪いってなんだ。
・あれ?使徒殲滅したはずなのに虹色の光でてない?どうした?
・なんだ次回予告。どうなるんだ次回!?

終演後、もう誰かと話したくて仕方なかった。
この際、横にいる人でも…! とも思ったが、行きずりの人とそんな関係になるなんて…///とやめておいた。


帰宅後、考察サイトやまとめを読み漁る。
まだまだ気づいてないことがあったようで、なんかすげー!と思う。

・小ネタ的なものに対し
気づく人すげーし、見越して入れる側もすげーし、それをネットとかで共有できるのもすげーと思う。
そういう意味では、作り手側も小ネタ(と見せかけて重大な事実など)を入れやすい時代になってるんだよなあ、とか取りとめもなく思った。


11/18(日)
同期APに、金夜のことをメールで愚痴。
結果飲みに行くことに。
雨振る中、焼肉屋にいった。
久々に行ったが安く、美味しい(メニューのバラエティはやや薄い)。
そこそこ食べても3000円/1人というのが脅威。

HB先輩の暴挙について、あることないこと吹き込む。
嘘、この俺フローレンス、あることしか言えない。
それにAPに関しては、もともと仲間なので根回し(?)する必要も意味もないだろうし。
(たとえば、金曜の件について、HB先輩がないことないこと触れて周っても、APは僕に直接事実確認ぐらいはしてくれるだろう。そのぐらい信用している。
そもそも僕はわりと、表向きフルオープンノーガードで通ってるので(少なくともHB先輩よりは)、大概の人は僕に何かアクションしてくれる、と信じている。自分を。
(ま、このフルオープンノーガードに関しては、「なに考えてるかわからなくて不気味」とかいう評価(よく言えばポーカーフェイスか?よく言ったのか?)を払拭するための活動だったりして、実際の性格とも異なるように思う。))
話がそれたが、とにかく同期APと情報共有。
「僕と仲のいいAPくんは、来週以降HBさんから敵視されるかもしれないけど、ゴメンね☆」といった感じ。



いかん、こんな時間だ(リアル時)。2013年最後の週だし、もう寝ます…。また来週。
[PR]
# by kick_me_baby | 2013-12-24 04:25 | 日々のこと

気がついたら克服していたもの:「ネギ」

ナマのヤツ。
以前は嫌いな食べ物扱いで、でも除けて食べるほど嫌いでもなくて、ラーメンに乗ってたら大急ぎでつゆに沈めて少しでも火を通そうとしたり、実家で出たときはムスッとした顔でレンジで火を通したりしてたもんだけど。
関西でよく出る九条葱(青いやつ)なら大丈夫!などを経て、気づけば下仁田タイプの白い葱も名まで食べれるようになっていた。
進歩だね。


※2012年の
11/12(月)~
週。普通の。
夜更かししてABS材を削ったり、久々に半田ごてを握ったりの、普通の週。

11/16(金) さよならHB先輩(出題編)
また、HB先輩と、飲みに行こうという話になった。

メッセで
先輩「19時ぐらいに退社しますよ」
ぼく「了解です」

19時近くなって
ぼく「ちょっと、修正用件が入っちゃって
、19時無理そうです。30分ぐらいかかりそう」

先輩「まあそのぐらいなら」

19時半
ぼく「これが意外と根深くて…」
先輩「そう、じゃあ私はもう行きます」

10分後、メールで
ぼく「片付きました、今から合流してもいいですか?」
先輩「XX駅待ってるので、早く来てください」
(19時半の時点でお流れになったはずなのに、何で待ってるんだろう?僕が合流志願しないパターンとか想定してないのか?)とは思いつつ合流。
やはり例の焼鳥屋へ。

(片付ければテーブル席が空く状態で)
店員「カウンターでよろしいですか?」
ぼく「(先輩に)いいですよね? はい、カウンターで」
カウンター右端に収まる。
が、左側の客がかなりはみ出してきていて、先輩も僕もひまn…ガタイのいい男二人。かなり窮屈。

ドリンクのオーダーを取りに来た店員に申し出て、テーブルに移る。
(大テーブルに何人か(何グループか)掛けるような、二人連れの僕らにとってはカウンターとそう変わらない連席)

しばらく話した後
先輩「そういえば、先週の、僕がKさんのことを好きだっていう話、あれって誰が言ってるの?」
ぼく「え、あれですか、誰ってんじゃないですけど。Mさんとかかなあ」
先輩「はー」
ぼく「でもまあHBさん、そういう感じなのかと思ってましたよ。なんだか、おそろいのクッションをプレゼントしたりして」
先輩「あれはその、Kさんが疲れてる様子だったから…」
ぼく「へいへい」

またややあって
ぼく「酒、頼みます?さっきとおなじでいいですか?」
先輩「あ、はい」
ぼく「すみませーん、たれ口ふたつ」
先輩「…」
そうしてたれ口持ってくる。どういうわけか、たれ口のみ、おかわりのときは計量カップで持ってくる。まあいい。
先輩「…」(ムスッとしてる)
ぼく「どうしたんです?」
先輩「別のにしようと思ってたんだけど…」
ぼく「(さっき言え!)」

少しして
ぼく「ペラペラ(なに話してたか忘れた)」
先輩「…」
ぼく「ペラペラ」
先輩「少し黙って」
ぼく「ん?どうしたんです?」
先輩「少し黙れって言ったんだよ」
ぼく「なんです急に」
先輩「お願いしてるんだからさ」
あー、これは悪いスイッチ入ってるなーと思いつつも、僕のほうもなんか引けずに
ぼく「いや意味わかんないですよ」
先輩「お願いしてるんだから、黙ったらどう」
ぼく「黙りませんよ、なんなんです、それ。法律?この店のルール?」
先輩「だぁかぁらぁ…。だいたい何で横座りして、テーブルにまっすぐ向かって飲め」
ぼく「はあ」(座りなおす)
先輩「君のね、そういうところ、一緒に仕事をしてるKさんやCさんはきっとイラついてるはず!」
ぼく「ぅゎー…なんでもアリっスねw」
先輩「…あやまれ」
ぼく「は?」
先輩「私がお願いしてるのに、話し続けてたことに謝罪してください」
ぼく「え、なになに。僕は何も悪いと思ってませんけど」
先輩「とにかく謝れ!」
ぼく「謝ったところでココロゼロですけどぉ?」
先輩「なんでもいいから」
ぼく「はぁ。どうもすみません」
先輩「うん」
ぼく「(なにが「うん」だ)」
先輩「フゥー…。トイレ」

トイレから先輩戻ってくる、しばし無言
ぼく「もう一杯飲もうと思うんですが、」
先輩「あ、そう。それなら僕はもう帰りますね」
ぼく「(うわw)あ、じゃあいいです」

お会計済ませ駅に向かう。
ぼく「なんだったんですか、さっきの。なにに怒ってるんです?」
先輩「私がお願いしてるのになかなか黙らないじゃないですか」
ぼく「いやそもそも、なんで…」
先輩「もう君もだいぶ酔ってるようですから、今はやめましょうよ」
ぼく「(そこまで飲んでねーよ)」
先輩「オイラはね、酒を飲むなら楽しくないといけない!と思ってるんですよ」
ぼく「」
先輩「楽しい話しましょう、そうだ、野田首相。あの解散劇すごい。彼は男だ!」
ぼく「(よりによって政治かよ!同僚との会話三大タブーとされている…)」
先輩「男らしい決断だ!」
ぼく「」

駅に着く。ホームのベンチで
ぼく「いややっぱり納得いかないですよ」
先輩「その話はやめましょう」
ぼく「なんなんです、いつなら話すんですか」
先輩からビンタされる。すわりの悪い僕のメガネが2メートルほど先に飛んでいく。
ぼく「おいふざけんな。拾ってこいよ」
先輩「はい?」
ぼく「人のメガネを飛ばしておいて『はい?』じゃねーよ、さっさと持ってこい」
先輩「…」
先輩、拾ってきたメガネを乱暴に僕の顔に掛ける。ビビッたが態度に出さないよう堪える。
ぼく「…」(メガネクイー)
先輩「殴れよ」
ぼく「は?」
先輩「私にも一発殴れ」(頬をトントンと指差す)
ぼく「意味がわかりません」
先輩「早く」
ぼく「嫌ですよ。僕が本気で殴ったら、HBさんは向こうのホームまで飛んでしまいますよw(精一杯の何か)」
先輩「それでもいいから早く」
ぼく「(気持ち悪いな)…僕は貴方を殴るつもりはない」
先輩「…」
ぼく「…」
先輩「…」(ベンチ、隣に腰掛ける)
ぼく「あのぉ、理由はいずれ教えてもらえるんですか?」
先輩「…どうしたいんです?どうなったらいいんです?」
ぼく「僕はね、HBさんのこと嫌いではないので、ただ、わけがわからないんですよ」
先輩「うん」
ぼく「わけがわからないままなのが本当に気持ち悪いんですよ」
先輩「…」
ぼく「…」


電車来る。
僕、一歩早く乗り、手すりから1席あけて座る。
HBさん、遠くの別のイスに座る。
(ちょww)とか思う。だが無言。
先にHBさんの降車駅に着き、一言もなく降りていくHBさん。
(ちょww)とか思う。だが無言。



…と、いうのがこの日の、僕とHBさんの間に起こった出来事です。
全ての条件は出揃いました。
読者の皆様には、
1.この日、なぜHBさんは僕を黙らせようとしたのか?
2.僕と、HBさんの、最大幸福を得るための、この日の僕の正しい選択とは?


以上2点を推理し、導き出していただきたいと思います。
それでは皆様、回答編でお会いしましょう。

More
[PR]
# by kick_me_baby | 2013-12-14 05:09 | 日々のこと