フローレンス金子の今週の貴方

ブログトップ

我が国にもクール税の導入を!

4/20(月)~
昼に一人で食うのもなぁと思って、同期+面倒見のいい先輩の組み合わせの横にすべりこむ。
同期と話していると結果的に先輩とも話すことになるので、そこそこなじむ。

このころには、他の同期は先輩と食べなくなっていたので(面倒見のよくない先輩だったのか?)、それぞれが一人で食べてた。
ってか、それなら俺もそっちで一緒に食うのに!



正確にはもうちょっと前からだけど
この時期、「おねがいティーチャー」をみてすごす。

ほら!SFとか好きだしさ…!
「こんな先生がいたらなぁ…」とか
「こんな押し掛け妻がいたらなぁ…」とか
「こんなクラスメイトがいたらなぁ…」とか
「こんな陰のある秘密の共有者がいたらなぁ…」とか
「こんな義妹がいたらなぁ…」とか、そういうことは断じてない!断じて。


4/24(金)
初任給。
実家にささやかなギフト。
自分にマンガを置く本棚。
あと「NO NEGATIVE, NOLIFE / POARO」


なんとなく週末を自主早帰り日として指定し、帰宅。
キムチ鍋を作って食べた。
「桃屋キムチの素」、偉大すぎる。

キムチ鍋だというのに、ビールを買うのを忘れていた。
これは失態…。



4/25(土)
雨。静かに歩きつスーパーへ。
鮭のちゃんちゃん焼きを作りました。

適当に野菜に火を通して、適当に鮭を熱して、適当に味噌をなんかで伸ばしたものを入れます。
ねっ?簡単でしょ?


やはりビール。
しょっぱいもの、熱いものにはビールですよ。



ビタミンを補うために八朔を食べる。

買う→食べる→無くなる→買う→食べる……

風呂上りが最高。




4/26(日)
このあたりから「レイトン教授と最後の時間旅行」をやる。
もう最悪。

話題性のみを追求した出来。
前作の倍ぐらいタレント声優起用、
公式HPで流れていた予告ムービーが概ね釣りだわ、
途中の熱い展開も結果、期待はずれもいいとこだわ、
キャラ造形が明らかに前作より劣化してるとか、
「死ねよ、バーカ」とかいうありえない悪態をつくやつがいるとか、
SF的な矛盾を回避したと思ったらア然の超展開とか、
SF的考証の余地がなくなったと思ったらオカルト展開とか、
“最後はみんな、笑顔で終わる”のがシリーズの不文律かと思ったら後味が悪いとか、
“誰にも見破れない変装”がメインのトリックに入ってるとか、
“完結編”と銘打ったはずがエンディング後に“coming soon…”とか、

もう最悪。
3作目駄作説に花を添える以外の価値はないと思った。


大体会社からしていろいろアレだしなぁ…。
[PR]
by kick_me_baby | 2009-08-11 01:30 | 日々のこと