フローレンス金子の今週の貴方

ブログトップ

いくつかの点を無理やりつないで線にする奴って何なの?

犯人像をひねり出すワイドショーにも似ていてイラつく



あらやだ!GPSのマップにリンク貼れてないじゃない!
ログをグーグルマップにインポートするとこんな感じになります。
と、そう補完してください。


7/31(金)
超近所の、でもやや高いから使ってないスーパーで生もずく買う。
ポン酢だけでもうまいし、簡単なスープにしてもうまかった。

明日のために…時をかける少女をみた。


8/1(土)サマーウォーズ公開
前売り券を握り締め劇場にダッシュする。
けど、映画の日とかそういうやつで混みまくってて断念…。

映画の日ごときで普段こねー映画館に来てんじゃねーよ、と。
800円(差額)やるからその席空けろ!と。

翌日の早い回を抑え、とぼとぼ帰宅。



8/2(日)
サマーウォーズみた。
すごくいい青春映画だと思う。

脳内自分の中のSF派の自分がかなりうるさい感じだけど、
「同監督の“時をかける少女”にはひどいバグがあったろう」
「アバター姿でバイトしてるあたりで、もう“そういうもの”と思うしかないだろ…」っていう感じで、早々にSF的考証をあきらめていたので、純粋な気持ちで楽しんだ。

いただけない点として
・早々にNTR展開かよ…
・これ女の子じゃなかったのかよ…
・えー!?廃スペックPCを使うレベルのゲームになんでDSが介入してんの…?
・管理者が味方なのに***を排除できないとか…
・予告で流れてたシーンってこんなにラス際かよ…、しかも印象薄すぎるだろ…
・この取り返しのつかない部分をスルーしたままハッピーエンドとは…
・エンディングがダイジェストのみって!主人公たちのその後とか、NG集とかないの??

ってとこかなあ。
それでも4回ぐらいうるっと来る場面があった。

“わかりやすさ”を重視したSFとしてなら良作、名作の部類に入れてもいいかと。
SFっていうよりホームドラマ?的な側面が強いか…。

わかりやすさって言う意味なら、各自のアバターのわかりやすさとか、
現実の戦い・電子世界での戦いの対応+甲子園っていうわかりやすさとかは、アリかな?と思う。

そうそう、仏教系モチーフはまあアリかなあ。
キリスト系モチーフの厨っぽさにくらべたら、まだ未開拓分野っぽい。
うまくいけば海外受けも…?


最後に、僕が主人公ならあの家には嫁ぎたくないと思いましたw
あんなにみんな優秀とか、きつすぎる。。。



見終わってからちゃんと売店に行き、パンフレットとTシャツを買う。
実用性と値段の狭間のギリギリをついた商品たちだ。

おもしろTシャツは好きだけど、節度は守りたい…。
そんなバランスにうまく合致したTシャツである、と信じている。



午後は三十三間堂に行く。
すごく家から近いのに、行ってなかったし。
それに年会費たったの2000円で、年間ペアフリーパス(そんな俗っぽい言葉じゃなかった)相当の入場券がもらえると来て、大変お得ですよ!

静かなお堂の中を粛々と巡っていくこの感じ…嫌いじゃない。



京都にお越しの際はぜひ、お立ち寄りください。
[PR]
by kick_me_baby | 2009-11-06 02:15 | 日々のこと