フローレンス金子の今週の貴方

ブログトップ

京都では地震の影響は軽微でした。

9/6(月)~
火曜。
プールに行くべく、晩飯を断り19時退社宣言。
この19時っていうのが、[晩飯に行った先輩がちょうど帰ってくる時間]だったので地獄を見た。
帰宅準備をしている僕の席に現れて2時間の質疑、説教をしていく先輩。
そんで立ち去り際に「あ、今日は19時に帰るとか言うてたっけ?」とか言いやがる。

せめてうっかり、忘れててくれよ。とか思う。


そういうわけで21時退社。
ジムはもう行ってもしょうがないので帰ることにした。

飯がまだだという同期と会ったので、王将で豪遊した。
いやまあ、定食のほかにかに玉を頼んだだけだけど。



9/11(土)
先輩の家に、アナログゲーム会に行く。

やったゲームは
・プエルトリコ
植民地を開拓して、そこに労働者(入植者)を招いて金とか稼ぐボードゲーム。
定石ゲーっぽい。大学だか宿屋だかを取っていかないとつらい。
プレイ中、入植者のことをナチュラルに“奴隷”と呼称しているのが気がかり。
1プレイ確か90分とかかかって、つらい。


・サンファン
上記プエルトリコの簡易カード版。
さっくり遊べるのはいいし、ルールもかなりわかりやすい。
…が、図書館ゲーになりやすい。ギルドホールじゃ勝てない。金鉱持ちが複数いるとカードのシャッフルが追いつかない。
等の問題がある。


・カルカソンヌ
タイル状の土地カードを、地面に並べてマップをつくり、地続きの土地が完成した時点でポイントゲット。
そのとき、その土地作りに加担してた人で山分けになるので、いい感じに即席チームと裏切りが見られる。
ポイント計算も割りと単純だし、小学生ぐらいでも出来そう。


・ラミーキューブ
麻雀みたいなプレイ感だけどちょっと違う。
場にオープンされた牌に絡める形で、自分の牌を出して役を作っていき、全部捨てたら上がり。
これもルールは簡単だから子供でもよさそう。


・ジャングルルール
トランプの“うすのろまぬけ”みたいなゲーム。
要瞬発力。要丸いテーブル。


夜中、眠くなるにつれて集中力が切れてくるのが問題で、
そういう時間はヘックメックみたいな単純さいころゲームみたいなのをやってました。



翌9/12(日)の朝までプレイ。
解散・帰宅・夕方まで惰眠。
そんで週末は過ぎていきました。
[PR]
by kick_me_baby | 2011-03-14 03:16 | 日々のこと