フローレンス金子の今週の貴方

ブログトップ

したり顔で言いたい:「デウス・エクス・マキナ」

そういう展開はあんまり好きじゃないけど。


11/2X(ω)
・マンガ[ザ・ワールド・イズ・マイン/新井英樹]を読む。
ぶあっつい愛蔵版の全5巻。
タランティーノ作品みたいなマンガ。

人を選ぶ暴力描写(7割肉体、2割性的、1割精神)の連続。荒々しい描線で、決してうまいとは言えない絵で描かれる暴力から目が離せなくなる。
セリフも口語を突き詰めたような感じで、どもったり方言過ぎたりするのが、かなり精密に文字にされてるのが印象的。それを読むのは時間がかかるんだけど、ストーリーへの密着感が増してよい。

主に
・爆弾テロのコンビ
・巨大熊“ヒグマドン”
・伝説のマタギ&取材する新聞記者

の3軸が同時進行で進んでいて、休む間もない感じがいい。


ラストの展開が賛否両論(って書くときは大概書き手(この場合は僕)は“否”なんだよな~w)がくっきり分かれる。
僕は好きじゃない。
その点のみ目をつぶればこのマンガは好きだ。人にお勧めするのは博打だけど。




・映画[大江戸りびんぐでっど]みた。
宮藤官九郎が歌舞伎を作ると聞いて。

映画って言っても、歌舞伎座でやったのをカメラで撮った言わば“再録版”だから、映画感はない。
映像の本質的には映画泥棒と同等である。
舞台をカメラで撮ったやつって、休日の午後にWOWOWでやってるイメージ。


・序盤のぶっ飛び具合は好き。
・中盤の“それ江戸じゃねーよwww”感も好き。
・終盤の「なんとか歌舞伎っぽくして、歌舞伎に収束させる!」感はあんま好きじゃない。




・あとポケモン
今度は同期に[ポケットモンスター ハートゴールド]借りてプレイ。
金銀でしか出ない伝説、野生をバンバンとホワイトに送り込む。

DSでリメイクされた金は、それまでやってなかったのを後悔する面白さだった。
・全ての選択肢をタッチで選べる
・お気に入りのポケモンをつれて歩ける
・赤毛のライバルがサカキ様のご子息だと判明する(未確認)
・ついに念願のロケット団に入団!
など。

とにかく、これでホワイトの図鑑が猛烈に埋まる。やったね!
[PR]
by kick_me_baby | 2011-06-03 03:45 | 日々のこと