フローレンス金子の今週の貴方

ブログトップ

ふっかつのじゅもんがちがいます wkwktktk

今日は1コマだけの授業のために学校へ。


帰りにビッグサイトに行く。
介護福祉論の先生が勧めていた国際福祉機器展を見るために。



授業後に行ったため着いたのは16時。
なんかシンポジウムがあったらしいけど終わってました。
ホール展示自体も17時までで、駆け足で巡る。


全体を通して普段見慣れないものばかりで面白い。
車椅子関連はイメージとして持っていたものよりずっと進んでいて、車椅子に取り付けて階段を昇降できるキャタピラ(駅とかにおかれる予定とか)が見てて新鮮だった。
他にも車椅子用の低反発クッションや肘掛の従来より楽なやつ、ヘッドレスト(日本語にはないのかな)なんかがあった。
それは乗る障がい者の人の快適のためのもので、開発の方向が移動性能ばかりでなく、快適さにも向かっているのは余裕が出てきたということなのだろう。


杖コーナーではすごい種類の杖が置いてあって、普通のT字型のものや装飾の施されたもの(西洋の悪役老教授が持ちそうなカッコイイやつ)とか、4本足の杖(これは割りと前からあるかな)に、鞄に入るサイズまで折りたためて一瞬で伸ばせるやつ。
一見普通の曲がった棒(に樹脂のグリップがついてる)なんだけど、握ってみると楽に歩けて、歩き方を変えても使えるものはすごいと思った。


印象的だったのはダイハツの展示。
車椅子の人が乗れる車があって、それは運転席が車椅子の台座になってて、そのまま運転席に入れる(分かりやすくいうとパイルダーオンする感じ)もの。

…他の人が運転するときどうすればいいのか?と思ったけど。

印象的だったのはそこじゃなくて、そのアプローチ。
障がい者の女性と健常者の男性のカップルが出てて、ショーのような形式で宣伝する。

女「この****(車の名前)は私の生涯のパートナーだわ!」
男「おいおい、僕を忘れないでくれよ」
女「そうね!****とあなたが、私の生涯のパートナーね!」

な感じ。普通の企業CMみたいで意外だった。


あと、他のところの車椅子の実演展示ではミニスカのお姉さんが実演でやや困る。





帰りに乗換駅の新橋でタオルズが路上ライブをしていた!
あのタオルズが!!

*爆笑オンエアバトルを見てた人にとっては「君に幸あれ」を歌ってた人で通じるはず。

女の子が1人、見てるだけで他は素通りだった。
僕はそこに立ち止まって少し眺める。
すると女の子がビラを渡しに来た。
(この人は関係者か…。ちょwww僕のためだけのライブwwwww)

そんな時間もあっという間、駅員さんが止めに来たのでそこでお開き。
(ちなみに「何度言ったら分かるんだ、キミ達は!」とか言われてたw)


結構いい曲だったから、アルバム買ってもいいかも。
[PR]
by kick_me_baby | 2006-09-28 03:30 | 日々のこと